2018.11.09

メジャーの将来のスーパースターがズラリ。
日米野球で見逃せない5人

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by Getty Images

 4年ぶりに開催される日米野球。今回アメリカのメンバーは、バリバリのメジャーリーガーというよりは、将来スーパースターになる可能性を秘めた選手たちを中心に編成された。日本ではまだ馴染みのない選手も多いが、実力は折り紙つき。そこで元ロサンゼルス・ドジャースのスカウトで、現在はアリゾナ・ダイヤモンドバックスの顧問を務めている小島圭市氏に、将来を期待されている5人の選手について解説してもらった。

今季メジャー昇格を果たしたフアン・ソト(写真左)とロナルド・アクーニャJr. 大注目は、ロナルド・アクーニャJr.(アトランタ・ブレーブス)とフアン・ソト(ワシントン・ナショナルズ)。近い将来メジャーのスーパースターになる可能性を秘めたふたりです。

 ともに今シーズンメジャーデビューを果たした若手で、アクーニャJr.は開幕前にMLB公式サイトでのプロスペクト(有望株)ランキングで大谷翔平(ロサンゼルス・エンゼルス)に次いで2位に入った選手です。

 今シーズン111試合に出場し、打率.293、26本塁打、64打点。シーズン途中、ケガにより1カ月ほど戦線離脱を余儀なくされましたが、それがなければ35本塁打は打ったのではないでしょうか。8月には5試合連続本塁打を記録し、ポストシーズンでも満塁アーチを放つなど、驚異のスピードで成長を続けています。

 アクーニャJr.のすばらしいところは、スイングの速さはもちろん、しっかり自分のポイントで打てるところです。ミートがうまく、ホームラン打者にありがちな”粗さ”がない。これから体も大きくなってくるでしょうし、メジャー屈指のスラッガーになる可能性は高いと思います。

 ソトはつい先日20歳になったばかりで、異例のスピードでメジャー昇格を果たした選手です。

 アメリカでは、どんな有望な選手でもマイナーで1500打席ほど立たせてからメジャーに上げるのが一般的なのですが、ソトは500打席ほどしか立っていません。それでも圧倒的な存在感を見せつけ、メジャー昇格を果たしたわけですから、彼の才能がどれだけ飛び抜けたものだったかがわかります。