2017.11.25

大谷翔平の次は? メジャースカウトが
評価した若き侍戦士7人の名前

  • 永塚和志●文 text by Nagatsuka Kazushi
  • photo by AFP/AFLO

 今月、『アジアプロ野球チャンピオンシップ』が開催され、今年7月に監督に就任した稲葉篤紀率いる新生”侍ジャパン”が3連勝を飾り、初代王者となった。出場資格が24歳以下、もしくは入団3年以内だったため、今年3月に行なわれたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)に出場した選手はいなかったが、ネット裏には多くのメジャースカウトが集まっていた。その中で、ひとりのスカウトから匿名を条件に、おもに侍ジャパンのメンバーについて話を聞くことができた。

メジャーでも十分やっていけると太鼓判を押された広島の薮田和樹 まず日本の投手陣から話をしてもらったが、このスカウトによれば今大会で先発した薮田和樹(広島)、今永昇太(DeNA)、田口麗斗(巨人)の3人は、いずれもがメジャーのマウンドに立てるポテンシャルがあるという。なかでも、とりわけ高い評価を与えたのが、今季15勝を挙げた薮田だった。

「薮田は投げるときに腕が打者から見えないし、カットボールや落ちるボールもある。間違いなく(メジャーに)行ける」

 今永と田口については、メジャーで先発としては難しいかもしれないが、左投げということもあってワンポイントを含めた中継ぎとして起用すれば面白い存在になるのではと言う。

「かつてメジャーで投げていた高橋尚成のような役割ができるかもしれない。今永はストレートと同じ軌道でスライダーを投げられるので、バッターが手を出しやすい。そのあたりはすごい技術を持っている投手だね」