2014.05.27

ヤンキースの救世主は、田中将大と「無名のテスト入団生」

  • 福島良一●解説 analysis by Fukushima Yoshikazu photo by Getty Images

【2014年MLBニューカマー@打者編】

 好調なチームの影には、必ず勝利に貢献した「救世主」の存在がいます。その中でも特に喜ばしいのは、その救世主が昨年までほとんど知られていなかった無名選手だったケースです。そこで今回は、開幕から驚異的な活躍を見せて話題となっている「ニューカマー」を紹介します。

「2014年MLBニューカマー@投手編」はこちら>>>

好調ヤンキースを支えているルーキーのヤンガービス・ソラーテ ア・リーグ最大の激戦区と言われている東地区で、故障者を多く抱えるニューヨーク・ヤンキースが好調をキープしています。その最大の功労者は、5月25日現在、すでに7勝(1敗)をマークしている田中将大投手と言って間違いないでしょう。ただ、打撃面で最も勝利に貢献した選手は、ルーキーのヤンガービス・ソラーテではないでしょうか。

 ソラーテはベネズエラ出身の26歳で、2005年にプロ入りしたスイッチヒッターの選手です。ただ、昨シーズンまでのプロ生活9年間は、ミネソタ・ツインズやテキサス・レンジャーズの下部組織でくすぶっていました。しかし今オフ、ソラーテに転機が訪れます。今年1月にヤンキースとマイナー契約を結び、キャンプにテスト参加することになったのです。当初、ソラーテは内野のユーティリティとして期待される程度のポジションでした。背番号も「89」と、まさにテスト生のひとりという扱いです。しかし、キャンプで結果を残して25人のメンバーに選ばれると、開幕から予想もしなかった大活躍を見せたのでした。

 開幕と同時に背番号が「26」に変更されたソラーテは、薬物問題で出場停止処分を受けているアレックス・ロドリゲスに代わる三塁手を務め、ときには移籍したロビンソン・カノ(現シアトル・マリナーズ)の抜けた二塁手としてもプレイ。4月17日のタンパベイ・レイズ戦ではトリプルプレイを完成させるなど、内野に欠かせない一員にまで成長したのです。