夏の甲子園を目指す大分高・岩﨑久則監督は1990年にオリックスから4位指名 土井正三、仰木彬、野村克也から薫陶

  • 内田勝治●文 text by Uchida Katsuharu

大分高・岩﨑久則監督インタビュー(前編)

 私立の中高一貫校である大分高校は、これまで3度の甲子園出場経験がある。初出場は2014年夏。2016年夏には、ユニフォームを着た女子マネジャーが甲子園練習でノックを手伝い、制止されたことに端を発し、今ではマネジャーを含む女子部員の練習補助が可能となった。

 そして2019年センバツで甲子園初勝利を挙げ、1952年創部の歴史に新たな1ページを刻んだ。今春には16季ぶり8回目となる九州大会にも出場。明豊の存在感が際立つ大分県で、着実に力をつけてきている。

1990年のドラフトでオリックスから4位で指名された岩﨑久則氏 photo by Kyodo News1990年のドラフトでオリックスから4位で指名された岩﨑久則氏 photo by Kyodo Newsこの記事に関連する写真を見る

【昨年秋に母校の監督に就任】

 そんな大分高を昨秋から率いているのが、元プロ野球選手だということは、全国的にあまり知られていないだろう。オリックス、ヤクルトで投手として活躍した岩﨑久則さんは、紆余曲折を経て、監督として再び母校のユニフォームに袖を通すことになった。

 昨夏までは、付属中が持つ硬式の大分中学リトルシニアを指揮。高校にエスカレーター式で内部進学した教え子も多く、"異動"となってもとくに違和感はなかった。丘陵地を自然公園として整備した高尾山の麓にある同校のグラウンドで、後輩たちのプレーに目をやりながら、取材に応じてくれた。

「指導方針は中学を教えていた時と基本は変わらず、やさしいことしかやりません。ただ、監督としての采配に関しては、申し訳ないけど好きにはさせません。チームが勝つために、こういうことしてほしいというのは注文をつけます。それができるために、何をしないといけないのかをここで探しなさいよ、ということです。ヤクルト在籍時、野村(克也)監督は適材適所で選手を使っていたと思います。僕もその適材適所を考えている段階です」

1 / 4

プロフィール

  • 内田勝治

    内田勝治 (うちだ・かつはる)

    1979年9月10日、福岡県生まれ。東筑高校で96年夏の甲子園出場。立教大学では00年秋の東京六大学野球リーグ打撃ランク3位。スポーツニッポン新聞社でプロ野球担当記者(横浜、西武など)や整理記者を務めたのち独立。株式会社ウィンヒットを設立し、執筆業やスポーツウェブサイト運営、スポーツビジネス全般を行なう

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る