大阪桐蔭、履正社の「2強」撃破で大注目! 大阪学院大高のビジネスマン監督が見据える「日本一」への道程

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

 今年の3月下旬、大阪府吹田市にある大阪学院大高の野球部練習場を訪れると、なじみのNPBスカウトとバッタリ顔を合わせた。ドラフト候補の遊撃手・今坂幸暉(ともき)の視察が目的と思われたが、スカウトは私に向かってこう言った。

「面白いチームに目をつけたね。こういうチームが勝つと、高校野球が変わっていくかもしれないよねぇ」

 私が大阪学院大高に興味を持ったのは今坂という好素材が在籍していたこともあるが、監督の経歴がとてもユニークだったからだ。

 詳しくは拙記事『一流ビジネスマン兼大阪学院大高監督が語る「野球と会社の共通点」激戦区で甲子園を狙う指導法とは』(web Sportiva4月23日公開)をご覧いただきたいが、辻盛英一監督はベストセラーのビジネス書を刊行してしまうようなカリスマビジネスマンである。その経営手法を高校野球に活用し、チームを強化していたのだ。

 頭ごなしに選手を従えるのではなく、対話を通して選手の闘争心に火をつける。辻盛監督の手法は高校野球の現場で新鮮に映った。

 前出の記事の文末に、私はこう書いて締めくくっている。

〈大阪桐蔭と履正社の2強時代が続く大阪に新風が吹きそうな予感がする。〉

春の大阪大会を制した大阪学院大高ナイン photo by Kikuchi Takahiro春の大阪大会を制した大阪学院大高ナイン photo by Kikuchi Takahiroこの記事に関連する写真を見る

【打倒2強が目標ではない】

 結果から言えば「新風」どころの騒ぎではなく、「突風」が吹いた。今春の大阪大会で、大阪学院大高は履正社と大阪桐蔭の2強を相次いで撃破。春の大阪チャンピオンにのし上がったのだ。

 大阪大会で打率5割をマークしたように、大黒柱の今坂の活躍はめざましかった。ほかにも今坂とともにプロ志望を表明する強肩強打の捕手・志水那優、大阪桐蔭を相手に1失点完投勝利を飾った技巧派左腕・前川琉人らも存在感を放っている。

 これ以上ない戦いぶりに思えるが、辻盛監督は「打倒2強」が目標ではないと強調する。

「大阪桐蔭と履正社に勝ったことがクローズアップされてしまいましたけど、ウチの目標はあくまでも日本一です。大阪を優勝して日本一になろうと思うと、その間に大阪桐蔭と履正社がいるので。当然勝たなければいけないというだけなんです」

1 / 3

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る