ドラフト候補目白押し 優勝候補の筆頭だった富士大はなぜ全国大会出場を逃したのか?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

 まさか、富士大が大学選手権に出られないなんて──。

 そんな感想を抱いた野球ファンも多かったのではないか。

 6月10日から開幕する第72回全日本大学野球選手権大会。全国26連盟27代表がトーナメントで大学日本一を決めるビッグイベントだが、北東北大学連盟の代表校は八戸学院大だった。優勝候補筆頭の富士大は7勝3敗でリーグ2位に終わっている。

リーグ戦を7勝3敗の2位で終えた富士大 photo by Kikuchi Takahiroリーグ戦を7勝3敗の2位で終えた富士大 photo by Kikuchi Takahiroこの記事に関連する写真を見る

【昨年の下位チームにまさかの3連敗】

 富士大は昨年の大学選手権でベスト4、昨秋の明治神宮大会でもベスト4と上位進出を果たしている。昨年の主力選手のほとんどが3年生以下であり、今年は大学日本一を狙える陣容と思われた。

 エース左腕の佐藤柳之介(4年・東陵)はドラフト上位候補の逸材で、力感のないフォームから空振りを奪える好球質の速球と精度の高い変化球を投げ分ける。2番手格の右腕・安徳駿(4年・久留米商)も最速151キロをマークし、今年に入って成長著しくプロスカウトが注目している。

 野手陣も大学球界トップクラスのメンバーが揃っている。中堅手の麦谷祐介(4年・大崎中央)は、昨年に全国大会で青山学院大の下村海翔(阪神1位)、常廣羽也斗(広島1位)から本塁打を放った左打ちの強打者。俊足・強肩はプロ即戦力級で、「球場の全員がオレのことを見ているだろ、と思ってプレーしています」と豪語するメンタルもプロ向きだ。

 ほかにもたくましい体躯から強烈な打球を放つ遊撃手の佐々木大輔(4年・一関学院)、機敏な二塁送球など守備力にかけては大学屈指の坂本達也(4年・博多工)、強肩と飛距離にロマンが詰まる渡邉悠斗(4年・堀越)とドラフト候補が目白押し。また、社会人の名門・Hondaで4年間プレーしたのち、富士大に進学した高山遼太郎(2年・健大高崎)が今春にリーグ戦デビューするなど新戦力の台頭もあった。

 死角はないと思われたが、富士大は意外な形でつまずく。八戸学院大、青森大といった昨年のリーグ上位チームと対戦する前に、下位チームを相手に3敗を喫したのだ。

1 / 5

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る