「中村奨成より飛距離は上」と恩師も絶賛 ウィーラーに似ていると話題の渡部聖弥は来年のドラフト戦線を賑わす逸材

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro

 身長177センチ、体重90キロと厚みのある肉体だが、俊足と強肩も武器にする。プロ球団の「右投右打の野手」に対する需要も高まっており、渡部の評価はこれからどこまで高まるだろうか。

 なお、中井監督は渡部の野球に取り組む姿勢も絶賛している。

「大商大はグラウンドとトレーニングルームが離れているんですけど、渡部はグラウンドから下宿に帰ってきてから、わざわざ大学のウエイトルームへ行ってトレーニングをしているそうです。本当によく自主練習していますよ」

【後輩・真鍋慧の入学を大歓迎】

 明治神宮大会の試合後、報道陣から来年に向けて鍛えたいことを聞かれた渡部は「パワーはついてきたので、瞬発力をもっと上げたいです」と答えた。渡部の大学生離れした猛スイングを見てきた者からすると、「これ以上、瞬発力を上げたいのか?」となかば呆れてしまった。それでも、渡部はこう続けるのだった。

「限界はないと思うので。キレ、スピードを上げていきたいですね」

 来年は頼もしい後輩も加わる。ドラフト会議であえなく指名漏れに終わった真鍋慧(広陵)が、大阪商業大に進学する予定になっている。渡部は真鍋について「楽しみです」と期待を口にした。

「(真鍋は)悔しい思いをしていると思うんですけど、自分も先輩として背中を見せていきたいです。たった1年だけではありますけど、お互いに成長していきたいですね」

 上田大河(西武2位)、高太一(広島2位)の両投手が卒業するため、来年の大阪商業大の投手陣は不安が残る。それでも、野手陣は渡部だけでなく河西威飛(いぶき/3年)、金原塁(3年)らどこに出しても恥ずかしくないメンバーが残る。たとえ真鍋が入学しても、1年春からポジションを奪取するのは容易ではないだろう。

 渡部も「スタメンだった選手も『ヤバい』と刺激を受けて頑張ると思います」と来季への希望を語った。目標はもちろん、大学日本一である。

 そして激戦を繰り広げた1年後の今頃、和製ウィーラー・渡部聖弥の名前は全国で知れ渡っているに違いない。

プロフィール

  • 菊地高弘

    菊地高弘 (きくち・たかひろ)

    1982年生まれ。野球専門誌『野球小僧』『野球太郎』の編集者を経て、2015年に独立。プレーヤーの目線に立った切り口に定評があり、「菊地選手」名義で上梓した『野球部あるある』(集英社/全3巻)はシリーズ累計13万部のヒット作になった。その他の著書に『オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない! 野球留学生ものがたり』(インプレス)『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イースト・プレス)『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』(カンゼン)など多数。

2 / 2

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る