井端弘和も逸材と認めたドラフト候補 山梨学院大・宮崎一樹の反骨心 中高6年間控えから覚醒

  • 高木遊●文・写真 text & photo by Takagi Yu

「大器晩成」という言葉がぴったりのドラフト候補がいる。山梨学院大の右投げ右打ち大型外野手・宮崎一樹だ。184センチの長身ながら、50m走のタイムは昨年12月と今年6月の侍ジャパン大学代表合宿に参加した野手でトップ。さらに強肩も兼ね備えるなど、高い身体能力で注目を集めている。

 侍ジャパン大学代表にも選出され、強化合宿期間中に臨時コーチを務めた井端弘和氏から「伸びしろがかなりある。タイプ的には塩見泰隆(ヤクルト)のよう」と称賛された。

 そんな宮崎だが、高校時代までは無名の存在。それどころか中学、高校は6年間控えで、「大学では硬式野球をするはずではなかった」というのだから、人生はどう転ぶのかわからないものだ。

山梨学院大の大型外野手・宮崎一樹山梨学院大の大型外野手・宮崎一樹この記事に関連する写真を見る

【施設のよさに憧れ入部するも...】

「入るところを間違えた......」

 山梨学院高に入学した当時、宮崎は3年生のプレーや体つきを見て、自身の選択を後悔した。

 人気アニメ『メジャー』を観た宮崎少年は、「主人公もリトルリーグだったから」という理由で、両親が勧める軟式野球ではなく、小学1年生の時から調布リトルで硬式球を握った。すでにこの頃から身体能力の高さの一端は見せており、足は校内トップ、チームでもエース兼中軸打者として関東大会優勝を果たした。

 だが中学入学時に「身長が150センチちょっとしかありませんでした」という成長の遅さで、清宮幸太郎(日本ハム)らを輩出した強豪・調布シニアに入団してからは周囲との差が生まれてきた。さらに右肩のケガも重なり、左翼手の2番手というポジションで中学野球を終えた。

 そして多くの野球少年たちにとってひとつの集大成となる高校野球を前に、宮崎はまたも小学生の時から変わらぬ純粋な思いで進路を決める。

「シニアのレギュラーだったヤツが山梨学院高校へ見学に行って、『施設がめちゃよかったぞ』と言うので、『僕も山梨学院に行きたいです』と思いつきで言いました(笑)。シニアの監督には『入ることはできてもスタンド(で応援)だろう』と思われていたようなのですが、控えといっても『チーム内では10番目くらい』だと自分では思っていたので、それなりに自信はあったんです」

1 / 3

プロフィール

  • 高木 遊

    高木 遊 (たかぎ・ゆう)

    1988年生まれ、東京都出身。大学卒業後にライター活動を開始し、学童・中学・高校・大学・社会人・女子から世代別の侍ジャパン、侍ジャパントップチームまでプロアマ問わず幅広く野球を中心に取材。書籍『東農大オホーツク流プロ野球選手の育て方〜氷点下20℃の北の最果てから16人がNPBへ〜』(樋越勉著・日本文芸社)『レミたんのポジティブ思考"逃げられない"な"楽しめ"ばいい!』(土井レミイ杏利著・日本文芸社)『野球で人生は変えられる〜明秀日立・金沢成奉監督の指導論(金沢成奉著・日本文芸社)では、編集・構成を担当している。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る