大阪桐蔭が練習試合を申し込んだ生光学園の最速153キロ右腕・川勝空人 9回3失点の好投も「全然ダメ」

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

「ここに負けにきたんちゃうぞ!」

 ウォーミングアップ中、生光学園のある選手はそう叫んでからダッシュした。彼らにとってはただの練習試合ではなく、大いなる挑戦だということが伝わってきた。

今夏の徳島大会で2年生ながら153キロをマークした生光学園・川勝空人今夏の徳島大会で2年生ながら153キロをマークした生光学園・川勝空人この記事に関連する写真を見る

【大阪桐蔭相手に9回3失点】

 この日、大阪・パナソニックベースボールスタジアムで大阪桐蔭と生光学園の練習試合が組まれていた。甲子園で熱戦が繰り広げられるなか、秋に向けた戦いがひっそりと始まっていた。

 気合の入った野手陣とは少し離れ、生光学園のバッテリー陣は静かにマイペースに試合前の調整を進めていた。

 その中心にいるのが、川勝空人(かわかつ・そらと)だった。身長180センチ、体重84キロの厚みのある体に、こんがりと日焼けした愛嬌のある顔つき。いかにも「豪傑」のムードがある。大阪桐蔭が生光学園に練習試合を申し込んだのも、この川勝の存在があってこそだった。

 今夏の徳島大会を勝ち抜いた森煌誠(徳島商)が甲子園で話題をさらったが、1学年下の川勝も負けず劣らずのインパクトを残していた。最速149キロの森に対し、川勝は最速153キロをマーク。もちろん、投手の価値はスピードガンの数字で決まるわけではないが、川勝が2024年ドラフト戦線で見逃せない存在なのは確かだった。

 ところが、キャッチボールを始めた川勝のエンジンは一向に温まらない。ブルペンに入っても、高めにシュートして抜けるボールが続いた。のちに本人に確かめたところ、「いつもより悪くて、ヤバイと思った」と感じていたという。

 大阪桐蔭は徳丸快晴、ラマル・ギービン・ラタナヤケといった夏の大会でもレギュラーだった強打者が先発メンバーに名を連ねた。このままでは川勝は火だるまにされるのでは......。客観的に見て悪い予感が浮かんだが、それは杞憂だった。

 川勝は初回に徳丸、ラマルに連続四死球を与えたものの、続く打者をスプリットで空振り三振に抑えてピンチを凌ぐ。

 川勝はどんなに調子が悪くても、マウンドに立つと豹変するという。

「いつもマウンドに立ったら(調子が悪いことは)忘れるんです」

1 / 3

プロフィール

  • 菊地高弘

    菊地高弘 (きくち・たかひろ)

    1982年生まれ。野球専門誌『野球小僧』『野球太郎』の編集者を経て、2015年に独立。プレーヤーの目線に立った切り口に定評があり、「菊地選手」名義で上梓した『野球部あるある』(集英社/全3巻)はシリーズ累計13万部のヒット作になった。その他の著書に『オレたちは「ガイジン部隊」なんかじゃない! 野球留学生ものがたり』(インプレス)『巨人ファンはどこへ行ったのか?』(イースト・プレス)『下剋上球児 三重県立白山高校、甲子園までのミラクル』(カンゼン)など多数。

厳選ピックアップ

キーワード

このページのトップに戻る