2022.06.24

身長166センチの名手、大会打率8割、超強肩捕手…大学野球選手権で猛アピールした4人のドラフト候補

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

大学野球選手権で躍動したドラフト候補〜野手編

投手編はこちら>>

 6月6日から7日間にわたり開催された全日本大学野球選手権大会(大学選手権)。鮮烈なパフォーマンスを見せた有望選手を紹介する企画の野手編では、スピード型の遊撃手2名と、腕を競い合う強肩捕手2名をそれぞれ紹介していこう。

攻守に存在感を発揮し、大会MVPに輝いた亜細亜大・田中幹也攻守に存在感を発揮し、大会MVPに輝いた亜細亜大・田中幹也 この記事に関連する写真を見る

大学生レベルを凌駕する守備力

田中幹也(亜細亜大4年/遊撃手/166センチ64キロ/右投右打/東海大菅生高)

 小柄な選手が活躍すると、「体の小さな子どもに夢を与える」などと評される。だが、この選手にいたっては体の大きな選手でも憧れるに違いない。

 東海大菅生高時代から機敏な身のこなしと神出鬼没のポジショニングで、「忍者」の愛称が定着した。しかし、実際にこんな忍者がいたら使い物にはならないだろう。これだけ人々を惹きつけ、存在感を隠せない忍者など敵軍にすぐ見つかってしまうはずだ。

 大学選手権ではMVPを受賞した。上武大との決勝戦で勝利打点となるタイムリーを放った、いやらしくしぶとい打撃。名城大戦で二盗、三盗を決めた、目にも留まらぬ走塁。どれも田中らしい鮮烈な働きぶりだったが、とくに観衆を魅了したのは遊撃守備だった。

 6月8日、東京ドームでの2回戦。亜細亜大にとっては初戦となる近畿大戦は、両チームの意地と集中力を感じる熱戦になった。2対1と亜細亜大がリードした9回裏、一死二、三塁の一打サヨナラの場面で、近畿大の筒井太成が三遊間へ鋭いゴロを放った。

 ショートの田中は素早い動き出しからスライディングでゴロを捕球すると、すぐさま三塁ランナーを牽制。さらに飛び出していた二塁ランナーを塁間に挟み、落ち着いてアウトにした。

 試合後、田中は「二塁ランナーが右目でチラッと見えた」と明かしている。ほかにも、捕手からの二塁送球が難しい跳ね方のバウンドになっても軽々と捕球して盗塁を阻止するシーンなど、随所に田中の好守が目立った試合だった。

 記者会見で淡々と受け答えする田中に、「今日くらいの守備なら、田中くんにとっては普通のプレーですか?」と聞いてみた。田中は童顔をこちらに向けて、神妙な様子でこう答えた。

「今日はバッティングで何も貢献できなかったので、守備でやらかしたら戦力になれません。当たり前のプレーが今日はできたと思います」

 もはや「当たり前」の基準が大学野球の範疇にはない。あらためて田中幹也の恐ろしさを世に知らしめた大会だった。