2022.06.28

高校入学時は最速107キロの投手、大学時代に引退勧告を受けた強打者…BC群馬からNPB入りを目指す非エリートの挑戦

  • 菊地高弘●文・写真 text & photo by Kikuchi Takahiro

飛躍のきっかけは動画サイト

 電光掲示板に「154」という数字が表示されると、CAR3219フィールド(西武第二球場)のスタンドだけでなく選手のいるベンチからもどよめきが起きた。

 この日は西武のファームチームとBCリーグ選抜の交流試合が行なわれていた。154キロものスピードボールを投げたのは、西武の投手ではない。BCリーグ所属の独立リーガー、それも19歳の若者である。

BCリーグ、群馬ダイヤモンドペガサスの西濱勇星BCリーグ、群馬ダイヤモンドペガサスの西濱勇星 この記事に関連する写真を見る  西濱勇星(にしはま・ゆうせい)。群馬ダイヤモンドペガサスに所属して2年目になる右投手だ。

 ドラフトに興味のある野球ファンなら、西濱の存在を知っているかもしれない。2年前の9月に東京ドームで開かれたプロ志望高校生合同練習会で最速147キロをマークしたのが、当時関東学園大付に所属した西濱だった。ダイナミックな腕の振りと、オールストレートで勝負する気っ風のよさ。同年のドラフト指名は逃したものの、西濱は鮮烈な爪痕を残した。

 西濱は恐ろしいまでの成長曲線をたどっている。本庄ボーイズに所属した中学時代は3〜4番手の控え投手で、関東学園大付に入学した直後の最高球速は107キロ。紅白戦ではめった打ちに遭い、西濱は「アウト2個をとるまでに8点を取られて、そのイニングを強制終了されました」と振り返る。

 そんな西濱が変わるきっかけになったのは、動画サイトで見た「レジー・スミスベースボール:ジャパン」がアップロードした速球派投手の動画だった。レジー・スミスベースボール:ジャパンとは、MLB式の技術とトレーニングを伝える育成機関のこと。西濱は同機関の動画を参考にし、時には福島県にある施設まで指導を受けに出かけた。そんな努力を経て、西濱は徐々にスピードを出すためのコツを体得していく。

「最初はヒジから上げてヒジから出す腕の振りだったんですけど、小さい筋肉しか使えないしケガのリスクが増えるなと。胸郭周りや肩甲骨周りのもっと大きな筋肉を使うようにして、腕は力を入れずに『勝手に振られる』感覚を身につけていきました」

 時には陸上部のやり投げ選手と一緒にトレーニングをして、ヒントを得ようと取り組んだ。高校3年間で西濱の最高球速は40キロ、卒業後も含めれば4年強で47キロも伸びている。そんな選手がいまだかつて存在しただろうか。