2021.03.24

「辞めるつもりだった」京都国際の監督が甲子園へ。教え魔から指導スタイルを変えた

  • 沢井史●文 text by Sawai Fumi
  • photo by Sankei Visual

『特集:球春到来! センバツ開幕』

 3月19日、2年ぶりとなるセンバツ大会が開幕した。スポルティーバでは注目選手や話題のチームをはじめ、紫紺の優勝旗をかけた32校による甲子園での熱戦をリポート。スポルティーバ独自の視点で球児たちの活躍をお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 今回のセンバツは初出場が10校とフレッシュな大会となっているが、近畿地区の一般枠代表で唯一、初出場となったのが京都国際だ。

 京都国際の前身は京都韓国学園で、もともとは高校ではなく高卒資格のない民族学校で、生徒は韓国からの留学生がほとんどだった。1999年に野球部が創部され、同年夏に外国人学校として府大会に参加。初戦で対戦したのが、前年夏の甲子園で準優勝を飾った京都成章だった。

 現在、京都国際を率いる小牧憲継監督は、その試合に京都成章の1年生レギュラーとして出場していた。結果は34対0で京都成章の圧勝。その後、奇しくもその対戦相手校の指導者となった小牧監督は、その経緯をこう振り返る。

京都国際を初の甲子園へと導いた小牧憲継監督京都国際を初の甲子園へと導いた小牧憲継監督 「京都韓国学園の中学校から京都成章に来た同級生がいたんです。あの夏、試合に出ていた自分を当時の京都韓国学園の監督が覚えていて、卒業後、その同級生に声をかけられ、遊びがてら教えにいったのが始まりでした。大学を卒業したあとも、地元の銀行に勤めながら練習を手伝うことになりました」

 ところが当時の監督が不祥事で辞任することになり、2006年12月から本格的に指導スタッフとして携わることになった。2007年4月からは正式にコーチに就任し、2008年4月から監督となった。

 ちなみに、京都国際へと校名が変更されたのは2004年から。野球部も当初は留学生がほとんどだったが、徐々に地元や近隣府県からも選手たちが入学するようになった。とはいえ、まだまだ府内を勝ち抜くには遠く及ばなかった。

「正直、初めの頃は野球になっていなかった。野球になり始めたのはここ4、5年ほど前。それまではヤンチャな選手が多くて、手を焼いてばかりで......まずはしっかり戦えるチームにすることで精一杯でした」