2021.03.25

東海大菅生・鈴木泰成に大エースの予感。元プロの監督も絶賛の将来性

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

『特集:球春到来! センバツ開幕』

 3月19日、2年ぶりとなるセンバツ大会が開幕した。スポルティーバでは注目選手や話題のチームをはじめ、紫紺の優勝旗をかけた32校による甲子園での熱戦をリポート。スポルティーバ独自の視点で球児たちの活躍をお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※

 この選手は将来、とんでもないスターになるかもしれない──。

 そんな可能性を感じた選手が、まるでこちらの期待に呼応するかのようにスケールの大きな発言をしてくれると、じつにうれしくなる。

 昨秋、東海大菅生(東京)の1年生右腕・鈴木泰成(たいせい)の素材に一目惚れした。185センチ72キロのスラリとした長身に、しなやかな腕の振り。なによりもリリース感覚がすばらしく、ボールを弾く「パチン」という音が聞こえてきそうだった。

聖カタリナ戦で先発し好投した東海大菅生の鈴木泰成聖カタリナ戦で先発し好投した東海大菅生の鈴木泰成  鈴木に「将来どんな成功を収めるイメージを持っていますか?」と尋ねると、こんな答えが返ってきた。

「高校3年生で155キロを投げて、高卒にしろ、大卒にしろ、プロになって、日本を代表するピッチャーになりたいです」

 そうは言っても、その時点では最速139キロととりたてて剛速球を投げていたわけではない。おまけに話を聞いた当日、秋季東京都大会準決勝(関東一戦)で鈴木は2回を投げ、4四死球、2失点と乱調だった。

 現実離れしていると感じたのか、ほかの記者が「なぜ150キロではなく、155キロなの?」と尋ねた。すると鈴木は臆することなくこう答えた。

「150キロならバットに当たりますけど、155キロなら世界が変わると思うんです。真っすぐで空振りを取れるピッチャーになりたいんです」

 インタビュー中、ふと鈴木の手のひらに目が向き、ぎょっとしてしまった。指が異常と思えるほどに長いのだ。長さは計ったことがないそうだが、並の成人男性より関節ひとつ近く長かった。

 こんなにも長い指を鈴木は自在に使いこなしているのだ。

「リリース感覚は昔からいいと言われます。その日その日に握りをちょっとずつ変えて、投げやすい握りを見つけるようにしています」

 この投手はいつか化ける。そう確信して迎えた今春、鈴木は早くも檜舞台で脚光を浴びた。