2021.03.25

圧倒的な戦力差も東海大菅生と大接戦。聖カタリナ監督が語った勝敗を分けた「差」

  • 元永知宏●取材・文 text by Motonaga Tomohiro
  • photo by Kyodo News

『特集:球春到来! センバツ開幕』

 3月19日、2年ぶりとなるセンバツ大会が開幕した。スポルティーバでは注目選手や話題のチームをはじめ、紫紺の優勝旗をかけた32校による甲子園での熱戦をリポート。スポルティーバ独自の視点で球児たちの活躍をお伝えする。

※  ※  ※  ※  ※
  
「高校野球って、やっぱりええなあ」

 大会第5日目、第1試合のゲームセットの瞬間、ネット裏からそんな声が聞こえてきた。

初の甲子園で、東海大菅生にあと一歩及ばず敗退した聖カタリナ初の甲子園で、東海大菅生にあと一歩及ばず敗退した聖カタリナ  2020年秋の東京王者の東海大菅生と、創部5年で初めて甲子園にたどりついた愛媛の聖カタリナ学園の対戦。聖カタリナが1点差まで追い上げた9回表、ツーアウト満塁の場面で、四番打者・川口翔大が打席に立った。

 攻撃力が売りのチームを代表する強打者が放ったゴロを、東海大菅生の小池祐吏が捕って三塁ベースを踏みゲームセット。川口は一塁まで走るのをやめ、肩を落とした。その後、甲子園常連校を「一打出れば逆転」まで追いつめた聖カタリナの選手たちに、スタンドから大きな拍手が送られた。

 かつて"野球王国"と呼ばれた愛媛勢だが、春のセンバツの成績は振るわない。2017年の帝京第五、2018、2019年の松山聖陵はいずれも初戦敗退を喫している。2015年に準優勝した済美を除けば、この10年で2勝7敗という成績だ。

 激戦の東京大会で関東一、日大三という強豪を下してチャンピオンになった東海大菅生には、エースの本田峻也、捕手の福原聖矢というU-15日本代表の経験があるバッテリーがいる。さらに、四番・堀町沖永、五番・小池を中心とした強力打線は、公式戦8試合で52盗塁を記録したように機動力も備えている。