2020.08.28

山本昌が高校生9投手を診断。
「ドラフトでダブル獲りしたい」逸材は?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki,Sueishi Naoyoshi,Nikkan Sports

スカウトが甲子園交流試合の好投手をガチ評価>>

 恒例の人気企画となった、山本昌氏(元・中日)による高校生投手アナライズ。50歳まで現役投手として投げ続けた球界のレジェンドの眼鏡にかなう逸材はいたのか? 今回は2020年甲子園高校野球交流試合で躍動した4投手、各地の独自大会で光を放った5投手のピッチングを分析。山本昌氏は「自分が監督なら1位指名したい」と、意外な投手の名前を挙げた。

プロ志望届を出せばドラフト1位確実と言われている中京大中京・高橋宏斗高橋宏斗(中京大中京/183センチ・79キロ/右投右打)

ひと目見て、素晴らしいピッチャーだとわかります。とくに腕の振りの強さには圧倒されますし、ボールの走りがすばらしい。ここまでボールが走るピッチャーは久しぶりに見ました。ストレートはプロでもすぐに通用するのではないでしょうか。大学進学かプロかで進路を悩んでいるようですが、プロ志望届を出せば1位指名は堅いでしょう。上の世界で活躍するためのポイントは、タテの角度をつけて投げるタイプではないので、緩い変化球を投げられるか。また、フィニッシュで体が一塁側に向く傾向があるので、本塁方向に真っすぐ向けられるか。いずれにしても、ぜひプロで見たいピッチャーです。