2020.08.21

スカウトが甲子園交流試合、好投手を
ガチ評価。契約金1億と評されたのは?

  • 田尻賢誉●文 terxt by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 コロナ禍により、甲子園大会は史上初めて春夏連続で中止となったが、日本高野連はその救済措置としてセンバツ出場が決まっていた32校を招待して8月10日から17日まで「2020年 甲子園高校野球交流試合」を開催した。各校1試合だけの出場ではあったが、連日、激しい戦いが繰り広げられた。そこで試合を観戦した4人のスカウトに、注目選手の評価について聞いてみた。まずは投手から。

スカウト評・野手編はこちら>>

智弁学園戦で10回を投げ11奪三振の好投を見せた中京大中京・高橋宏斗高橋宏斗(中京大中京3年/183センチ・79キロ/右投右打)

「世代を代表する投手です。プロ志望届を出せば間違いなくドラフト1位で指名されるでしょう。ストレートは強さがあるし、140キロ近く出るカットボールがいい。よく練習すると聞きますし、野球への取り組みがすばらしい。契約金1億円は間違いない」(スカウトA氏)

「能力も完成度も高く、文句なしに高校ナンバーワン投手です。ボールに角度があるのが最大の魅力で、とくに右バッターは苦労すると思います。進学希望と聞くけど、選手には"旬"というのがあって、4年後に絶対にプロに入れるとは限らない。個人的には、大学に行くよりも即プロに入ったほうがいいと思っています」(スカウトB氏)

「パワーがあって、技術もあって、精神力も強い。高卒でプロに入ったとしても、即戦力になり得る投手だと思います。プロの一流の投手と比較すると変化球はまだまだですが、ちょっとした工夫で投げられるようになるので問題ありません。それよりもあのストレートをベース上にしっかり投げられるだけでもたいしたもの。進学が有力とのことですが、できればプロに来てほしいね」(スカウトC氏)