2020.08.21

大会No.1スラッガーは? 
交流試合出場の強打者12人のスカウト評

  • 田尻賢誉●文 terxt by Tajiri Masataka
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 コロナ禍により、甲子園大会は史上初めて春夏連続で中止となったが、日本高野連はその救済措置としてセンバツ出場が決まっていた32校を招待して8月10日から17日まで「2020年 甲子園高校野球交流試合」を開催した。各校1試合だけの出場ではあったが、連日、激しい戦いが繰り広げられた。そこで試合を観戦した4人のスカウトに、注目選手の評価について聞いてみた。投手に続き、野手を見ていきたい。

スカウト評・投手編はこちら>>

スカウトから高い評価を受ける花咲徳栄の4番・井上朋也井上朋也(花咲徳栄3年/181センチ・86キロ/右投右打)

「今大会の打者ではナンバーワンだと思います。村田修一(現・巨人コーチ)の若い時の感じに似ています。スイングにクセがないですし、ボールに対しての反応、対応がいい。木製バットになっても十分に結果を出せると思います。外野からサードにコンバートされていましたが、肩も悪くないですし、プロでもやっていけると思います」(スカウトA氏)

「足は速いし、肩もあるし、身体能力は抜けている。間違いなくプロレベルの選手です。高校生でありながらあれだけのスイングができるのは立派。あとは確率の問題ですが、これは経験を積めばなんとかなる。元気もあるし、先輩たちにかわいがられるんじゃないかな」(スカウトC氏)