前代未聞!公式戦初出場が甲子園。
加藤学園1年は「忍者」に似ていた

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki

 この選手、誰かに似ている......。ふと頭によぎったのが、3年前の夏の甲子園で「忍者」と呼ばれた東海大菅生の田中幹也(現・亜細亜大2年)だった。ぴょんぴょんと跳ねるようにプレーするフィールディングや、顔つきもどことなく似ているような気がする。

 今後の目標を聞かれた太田はこう答えた。

「太田がエラーしたらしょうがない、打てなかったらしょうがない......という信頼を持ってもらえる選手になりたいです」

 今年は頼れる先輩たちに連れてきてもらった甲子園だった。今度は自分が加藤学園を甲子園に連れていきたい。

 公式戦初出場が甲子園という前代未聞の1年生は、力強く前を向いている。

4 / 4

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る