2020.07.11

ポーカーフェイス投手、打率6割超…山形の有力校の大黒柱は多士済々

  • 佐々木亨●文 text by Sasaki Toru
  • photo by Nikkan Sports

スポルティーバ厳選!
高校野球 47都道府県の注目選手
山形編

新型コロナウイルスの影響により毎年夏に甲子園で開催される「全国高等学校野球選手権大会」が中止となり、その代わりに、各都道府県は独自の代替大会を開く。山形では県独自の代替大会「山形県高校野球大会2020」が7月11日に開幕した。熱戦が期待される中、注目選手を紹介する。
直球とフォークが武器の注目投手・太田陽都(鶴岡東) 鶴岡東の右腕・太田陽都(はると)は、180センチの長身を生かした角度ある140キロ前後の直球が魅力。70キロの強い握力をもって投げるストンと落ちるフォークも武器だ。マウンドではポーカーフェイスだが、そのクールな表情とは裏腹に熱いピッチングを見せる。昨秋の東北大会は初戦の福島成蹊戦で公式戦初先発。「腕を思い切り振れた」という太田の試合後の言葉どおり、体重が乗った力のある真っ直ぐを軸に、凡打の山を築いた。6回コールドの展開で被安打1無失点の完投勝利だった。準決勝・仙台城南戦も無失点に抑え、太田はチームの信頼を勝ち取った。

 同じく右腕で、東海大山形の畑中悠哉も注目したい一人。エースで四番、そして主将。多くの重責を担う畑中は、まさにチームの中心だ。昨秋出場した東北大会では、磐城(福島)との初戦で完投するも、被安打14、6失点と打ち込まれて敗れた。冬場はその悔しさを糧にストレートと変化球を徹底的に磨き直したようだ。この夏、大黒柱の成長した姿に期待したい。

 左腕では、山形中央エースの太田大和がおもしろい。昨年のソフトバンク育成7位の村上舜、18年の楽天5位の佐藤智輝と、有力な左腕投手を輩出している山形中央だが、太田も先輩たちに負けていない。140キロ前後のストレートは以前より力強さを増し、カーブ、スライダーといった変化球の精度も高まっている。夏の主役になる可能性は十分だ。

 打者は、昨秋、県を制した鶴岡東の3選手をピックアップしたい。山路将太郎は、16強入りを果たした昨夏の甲子園で正二塁手として活躍した左の好打者。昨秋の東北大会は全4試合でヒットを記録し、リードオフマンとしての役割を果たした。

 昨秋の公式戦8試合で驚異の打率.640をマークした二番打者・野川大輔は、巧みなバットコントロールの持ち主。東北大会準々決勝で3ラン本塁打を放つなど細身ながらに長打も期待される。そして、投打に活躍する小林三邦(みくに)は、投手としては130キロ台後半に迫るストレートを放り、打ってはリストの柔らかい打撃でヒットを積み重ねる。身体能力の高さを感じるマルチプレイヤーだ。

 俊足好打で内野守備の評価も高い山形城北の鏡太陽、長打力と広角に打ち分ける巧打撃が持ち味の日大山形の荒木拓己らも注目株となっている。

1

関連記事