2019.09.28

星稜の4番ショートが捕手に転向。
すでに全国トップ級と指揮官も絶賛

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro
  • photo by Kikuchi Takahiro

 もったいないような、あるべき姿に戻ったような……。なんとも言えない、ある意味では贅沢なコンバートに感じられた。

 2年生ながら星稜(石川)の4番・遊撃手として、今夏の甲子園準優勝に貢献した内山壮真。秋の新チームになると、捕手に転向した。

 もともと星稜中3年時は捕手を守っていた。星稜高校に入学すると1学年上に強肩捕手の山瀬慎之助がおり、内山は1年春から遊撃手として起用された。今夏に山瀬が引退して、再び内山がマスクを被ることになったのだ。

新チームになり遊撃手から捕手にコンバートされた星稜・内山壮真 内山は身長172センチ、体重70キロと小兵の部類に入るが、空手経験者で力の伝え方がうまく、 高校通算26本塁打(9月26日現在)と長打力もある。来年のドラフト候補になる有望選手だ。

 遊撃手としても年々技術が向上していただけに、惜しくも感じられる。内山本人に聞いてみると、複雑な心情が読み取れる苦笑を浮かべた。

「甲子園にも慣れて、本当にやっとショートがうまくなってきたので、あと1年やってみたい思いもありました。でも今は、キャッチャーもショートもどっちもやりたいと思っています」

 遊撃手への未練がある一方で、捕手への愛着も強い。内山は「試合をつくるのはバッテリーですし、勝敗にかかわる緊張感を感じます」とやりがいを感じている。

 星稜の捕手といえば、山瀬のイメージがすっかり定着している。低い軌道から、猛烈なスピードで二塁ベースに到達する送球は、まさに「鉄砲肩」と呼ぶにふさわしい。これまで内山は、遊撃手として山瀬の二塁送球を受け続け、その恐ろしさを味わってきた。内山はきっぱりと、「次元が違います」とうなった。

「ベース上にドンピシャできますし、強さが自分と比べようがないくらいですから。あらためてすごいなと感じています」

 内山には、山瀬ほど圧倒する肩の強さがあるわけではない。だが、試合中のスローイングを見ていると、遊撃手が二塁ベース上で併殺を奪いにいくようなスムーズなボールの握り換えを見せている。そんな印象を内山に伝えると、神妙な表情で「そこは課題なんです」と言った。

「ショートでのステップに慣れてしまったので、どうしてもその場でステップして投げてしまうんです。もっと前足に体重を乗せて投げたほうが強さは出ますし、コントロールも安定すると思います」