2017.10.25

山本昌がドラフト直前の「エース候補12人」
を調査。惚れたのは誰だ?

  • 菊地高弘●文 text by Kikuchi Takahiro大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki
  • photo by Ohtomo Yoshiyuki,Nikkan sports,Jiji Photo,Kyodo News

 10月26日に行なわれるプロ野球ドラフト会議(グランドプリンスホテル新高輪)。今年は清宮幸太郎(早稲田実)を筆頭に野手の好素材が目立つが、どの球団も好投手は喉から手が出るほどほしいに違いない。

 そこで、50歳まで現役生活を続けた球界のレジェンド・山本昌氏に、気になるドラフト候補12名のプレーと将来性を分析してもらった。

 昨年の同時期に山本昌氏が絶賛した濱口遥大(DeNA)や藤平尚真(楽天)は、早くもプロで結果を残しているが、今年もその眼鏡にかなう投手はいたのか?

甲子園出場経験はないが、150キロを超すストレートが魅力の青藍泰斗の石川翔石川翔(青藍泰斗高/右投左打)

「ドラフト1位候補」と評価されるだけのことはある、完成度の高さを感じる投手ですね。テークバックを大きく取って、体重移動がスムーズにできるフォームですし、体に力があるのもいい。今夏の栃木大会は踏み出し足の左足首に重度のねんざを負いながらの投球だったそうですし、まだまだ伸びしろも感じます。あえて指摘するなら、体を上下にあおって投げることがあって、そのため高めに抜ける球があること。それと、左肩がより捕手に近づいて体重移動の距離が伸びれば、もっといい球が投げられるようになるはずです。