早実・清宮幸太郎への「内角攻め」は本当に正解なのか?

  • 柳川悠二●文 text by Yanagawa Yuji
  • 大友良行●写真 photo by Ohtomo Yoshiyuki

 高校野球100周年の年に西東京大会を勝ち抜き、甲子園でも躍進を続ける早稲田実業の和泉実監督は「重圧は確かにあるんですけど、不思議な力が働いている気がしてならないんです」と話す。

 ベスト4に進出した100年前の先輩に清宮は並んだ。

「その方たちがいなければ今の自分たちはいない。肩を並べたからには、越えなければ100年前に逆戻りしてしまう気もします」

 スケジュール通りに進めば準決勝は19日。“清宮劇場”はいよいよフィナーレへと向かう。

3 / 3

関連記事

キーワード

このページのトップに戻る