2015.06.30

【自転車】TeamUKYOの窪木一茂、全日本選手権を制す!

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第63回】

 ロードレースの日本チャンピオンを決める「全日本自転車選手権大会ロードレース」が、6月28日に行なわれた。TeamUKYOからは土井雪広、畑中勇介、窪木一茂、平井栄一、住吉宏太、山本隼、湊諒の7名がエントリー。出走146名の頂点を掴むべく、TeamUKYOの精鋭たちが壮絶なバトルに挑んだ。

(前回コラムはこちら)

表彰台の中央に立つ窪木一茂(左は2位の畑中勇介、右は3位の増田成幸) 6月最終日曜の28日、2015年の全日本自転車選手権大会ロードレースが栃木県那須町で開催された。日本自転車競技連盟が主催し、毎年6月に行なわれるこのレースは、優勝を飾った選手が以後の1年間、ナショナルチャンピオンジャージを着用できるという高いステータスを持つ。

 欧州の3大グランツールクラシックレースでも、そこに参戦する各ワールドツアーチームのウェアデザインの中に、各国国旗を織り交ぜたジャージを着用している選手をよく見かける。たとえば、昨年のシーズン前半は、当時日本チャンピオンだった新城幸也(チーム・ユーロップカー)が、日の丸をあしらったチームデザインのジャージで様々なレースに出場した。今年でいえば、ドイツチャンピオンのアンドレ・グライペルは、所属チームであるロット・ソウダルのデザインに、ドイツ国旗のカラーリングを施したオリジナルジャージを着用している。また、イタリアチャンピオンのヴィンチェンツォ・ニーバリは、イタリアントリコロールの「白・緑・赤」の配色を、所属するアスタナ・プロ・チームのカラーリングに織り交ぜた独自デザインのウェアでレースに参戦している。