2015.06.23

【自転車】片山右京が過去の挑戦と比較。ロードレースの難易度は?

  • 西村章●構成・文・写真 text & photo by Nishimura Akira

遥かなるツール・ド・フランス ~片山右京とTeamUKYOの挑戦~
【連載・第62回】

 過去にF1や登山など、これまで様々なものにチャレンジしていた片山右京。近年は自転車ロードレースの世界にも足を踏み入れ、目標に掲げた「ツール・ド・フランス参戦」を目指して挑戦を続けている。常に最高峰の舞台を求める片山にとって、自転車の頂点を目指す困難さをどう受け止めているのか。

(前回コラムはこちら)

自転車のレース会場で精力的に動き回っている片山右京 6月13日から14日にかけて行なわれた自動車レース「ル・マン24時間耐久レース」に、片山右京はサプライズゲストとして登場した。13日・午後3時にスタートするレースに先だち、1999年に2位入賞したトヨタTS020でコースを走行した片山は、そのときの印象をフェイスブックに書き記した。少し長くなるが、その文章を引用する。

<クラッチが繋がり車が動き始めると不思議な事が起きた。/1秒とかからず僕の中で頭がフラッシュバックし、当時のマシンの中で与えられた仕事を次々に身体がやり出した。自分じゃない自分が勝手に反応する。/目で見えるものと、身体の中にあるものの違いは、考える事と触れるものの間にいる感触に近い。/(中略)/フルラップではブレーキングポイントを探りながらストレートを全開で進む。/追い風のストレートエンドではリミッターにタッチしたから、軽く320キロを越えて行く。/パークフェルメに止める前に無線でスタッフに報告する。/ブレーキが少しスポンジー。それに3速に落とす時にショック、多分クラッチのバイトタイミングが遅い割にブリッピンクが足りない。レースは良いけど、シームレスにするには80m/sec以下にした方が安定する。それに左リヤに小さなバイブレーション。/そこまで言って・・・、冗談だよ! 車は完璧だ。もう1回くらい完走出来そうだよ。/短時間に素晴らしい仕事をしてくれて本当に感謝します。/本当にありがとう、最高の思い出になったよ。>