新サッカースパイク『VISARO2.0』試し履き。
リールの練習場に行ってきた

  • スポルティーバ●文 text by Sportiva
  • photo by New Balance Japan, Sportiva

ニューバランスのトレーニングウェアに着替えて『VISARO2.0』の試履き体験ニューバランスのトレーニングウェアに着替えて『VISARO2.0』の試履き体験 その後、リールOSCのコーチ陣の号令とともに、さまざまな練習メニューがスタートする。ウォーミングアップから始まり、ストレッチ、そして軽いダッシュ。まずはボールを触れずに新作サッカースパイクを足に馴染ませていく。そしてボールを手にするように指示が飛ぶと、1対1でのパス交換、ピッチを大きく使ってのパス&ゴー、さらには8対2のボール回しなど、実際の練習さながらのメニューで汗を流した。

 試履き会はまだ終わらない。その内容は、実に多彩だ。シュート練習あり、ダミーを使ったパス練習あり、そして最後はミニゲーム。気がつけば、2時間近くも練習メニューをこなしていた。世界各国のメディア陣もその内容に興味津々で、ドローンを飛ばして上空から動画を撮影するカメラマンもいた。

 途中の休憩時間にはニューカラーの『FURON』も支給され、新作『VISARO2.0』との違いも体感できた。個人的な感想では、『VISARO2.0』は足の甲全体を包み込む感触が強く、ボールを止めるとき、そしてパスを蹴るときも素足に近いような感覚。一方で『FURON』はまず軽さに驚き、芝生をがっちり掴んで急なダッシュ時でも一気にスピードに乗りやすい印象を受けた。

 ニューバランスの新サッカースパイクを知るための試履き会ながら、世界中から集まったメディア陣のボールを蹴る表情は、まるでサッカー少年に戻ったかのようだった。

『VISARO2.0』の詳しい情報はこちら>>>http://shop.newbalance.jp/football.html

3 / 3

    関連記事

    キーワード

    このページのトップに戻る