2017.03.05

【書籍紹介】
『インヴィンシブル アーセナルの奇跡』

 インヴィンシブル=無敵。2003~2004シーズン、アーセナル(イングランド)はリーグ優勝とともに、大記録を打ち立てた。38戦26勝12分0敗。近代フットボール史上初めて、無敗で栄冠を勝ち取ったのだ。

 その中心プレーヤーは、デニス・ベルカンプ、ティエリー・アンリ、パトリック・ヴィエラ、ロベール・ピレス……。「インヴィンシブルズ」と称えられた強烈な個性の持ち主たちを、指揮官アーセン・ヴェンゲルはいかにしてまとめ上げたのか。無敗優勝へと突き進めた原動力とは何だったのか。高潔なチームスピリットはどのように育まれていったのか。

 不滅ともいわれる快進撃の舞台裏を、監督・チームスタッフをはじめ、当時のプレーヤー、関係者への膨大なインタヴューを交えて描く本格的スポーツドキュメント。

『インヴィンシブル アーセナルの奇跡』
【著者】
エイミー・ロレンス
6歳でハイベリーの試合を観戦、生まれついてのアーセナルサポーター。アーセナルFCを中心に20年以上『ガーディアン』『オブザーヴァー』に寄稿する有数のスポーツライター。
【序文】アーセン・ヴェンゲル
【訳者】東本貢司、菅しおり
【発売日】2017年2月25日
【発行】三賢社
【定価】1850円(税別)

詳しくはこちら>>http://www.sankenbook.co.jp/books/756.html

1

関連記事