2021.04.18

北京パラ出場へ期待の3人。パラアイスホッケーの新星が飛躍的に成長中

  • 荒木美晴●取材・文・写真 text&photo by Araki Miharu

 開幕まで1年を切った2022年の北京パラリンピック。その出場権を懸けて、パラアイスホッケー日本代表は今秋開催予定の世界選手権Bプールとその上位が進める最終予選に臨む。8位に終わった前回の2018年の平昌パラリンピックから3年、チームは少しずつ進化している。

 バンクーバーパラリンピックで銀メダルを獲得した時のメンバーでもある、長年チームをけん引するベテラン勢に加え、待望の若手・新人選手が目を見張る成長を遂げているのだ。再起を期す日本の飛躍のカギとなるであろう注目のルーキーたちが現れている。

今年、高校生になったばかりながらも次世代のエース候補である伊藤樹今年、高校生になったばかりながらも次世代のエース候補である伊藤樹  1人目は、2005年生まれの伊藤樹(いとう・いつき/ロスパーダ関西)。幼稚園からアイスホッケーを始め、小学3年の時に所属する臨海ジュニアアイスホッケークラブ(大阪)の練習に向かう途中、交通事故に遭い、車いす生活になった。パラアイスホッケーは翌年から始め、現在15歳ながらホッケーキャリアは10年以上になる次世代エース候補だ。

 昨年末、国内クラブ選手権大会3位決定戦で見せた、8ゴール1アシストの大車輪の活躍が記憶に新しい。そして、試合後に囲み取材に応じた伊藤は、しっかりと前を向いてこうコメントした。

「世界一の選手に、僕はなります」

 伊藤が目標とする選手、それがアメリカのデクラン・ファーマーだ。16歳でソチ2014パラリンピックに初出場するといきなりトップラインに抜擢され、5試合で3ゴール2アシストを決め、なんとMVPを獲得。4年後の平昌大会では、決勝戦で同点ゴールと決勝ゴールを奪いアメリカを3連覇に導いた。圧倒的なスピードで相手をぐんぐんと抜き去るスターの姿は、当時小学生だった伊藤に強烈な印象を残した。

 伊藤が北京大会の日本代表に選ばれれば、ファーマーと同じ16歳でパラリンピック初出場となる。

「同じ年でパラ初出場で、MVPまで獲得して。正直言って、悔しい。でも、彼みたいなドリブラーになりたい」

 悔しさと尊敬、その率直な気持ちが、負けず嫌いの伊藤をさらなる高みへと突き動かしている。