2022.05.21

ロコ・ソラーレの石崎琴美が振り返る北京五輪。決勝前、選手たちの「表情が少し硬いかなと感じた」

  • 竹田聡一郎●取材・文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA

ロコ・ソラーレ連続インタビュー
第4回:石崎琴美

第39回 全農 日本カーリング選手権(アドヴィックス常呂カーリングホール)が5月22日から始まる。その注目の大会を前にして、北京五輪で銀メダルを獲得したロコ・ソラーレの面々に話を聞いた――。

冬季五輪の日本人最年長メダリストとなった石崎琴美冬季五輪の日本人最年長メダリストとなった石崎琴美 この記事に関連する写真を見る ――2010年バンクーバー五輪以来、12年ぶりのオリンピックはいかがでしたか。

「う~ん、"オリンピック感"というのは、いい意味であまり感じなかったですね」

――それは、どうしてですか。

「選手としては12年ぶりですけど、4年前の平昌五輪の時にメディアとして現地に入っているので、選手村や会場での細かい動きとか、試合後の流れとかっていうディティールは、そこでロコ(・ソラーレ)と一緒に共有できていたんです。その経験が意外と役立ってくれました」

――そうなると、「オリンピックに戻ってきたな」という感慨のようなものはなかったのでしょうか。

「そうですね。でも、ちょっと前の話になるんですけれど、カナダ遠征の出発前にJISS(国立スポーツ科学センター)へ行って、身体能力や健康状態などの検査、登録をしてきたんです。その際、最後に選手として行った時のデータが少し残っていたようで、担当者が当時と同じ方で、『石崎さん、戻ってきたんですね』と、ちな(吉田知那美)に声をかけてくれたらしいんですよ。それを聞いた時に『ああ、(選手として)戻ってきたんだぁ~』と実感しました」

――五輪初出場の2002年ソルトレークシティ大会、リードとしてアイスに立った2010年バンクーバー大会と比較して、競技のレベルなど何かしら違いはありましたか。

「カナダという(カーリング界の)トップをずっと走っていた大国が、女子は2大会連続でクオリファイ(プレーオフ進出)さえ果たせず、男子も2大会連続でファイナルに残ることができなかった、というのは大きな変化だと思います。全体的にレベルが上がっていて、戦術も進化していますね」