2022.05.21

五輪銀メダルのロコ・ソラーレも絶対ではない。カーリング女子日本選手権は過去最高レベルの争い

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA

 小笠原歩(北海道銀行フォルティウス)、藤澤五月(LS北見)、松村千秋(中部電力)、小穴桃里(富士急)、北澤育恵(中部電力)、藤澤五月(ロコ・ソラーレ)、吉村紗也香(北海道銀行フォルティウス)――。

 これは、2014年ソチ五輪の翌シーズン、2015年以降の日本カーリング選手権を制したスキップ、あるいはフォースの名前を並べたものだ(チーム名や所属は当時のもの)。

 藤澤こそ2度の優勝を果たしているが、ここ最近は毎年、勝者が目まぐるしく入れ替わってきた。優勝候補がその実力を存分に示した大会もあれば、本命と目されたチームがアイスの読みに苦しんで敗れたり、ダークホースが躍進して戴冠を遂げたりした年もある。

 それでもこの間、メンバーやチームの状況は違うが、表彰台を独占してきたのは、ロコ・ソラーレ、フォルティウス、中部電力、富士急の4チーム。これらが「4強」と呼ばれる所以だ。

 迎えた今年、5月22日から行なわれる第39回 全農 日本カーリング選手権(北海道北見市・アドヴィックス常呂カーリングホール)も、これら「4強」が中心となることは間違いない。

 昨年の決勝でしのぎを削ったスキップ2人、フォルティウスの吉村が「毎年、レベルが上がっていっている」と言えば、それに同意してロコ・ソラーレの藤澤が「どこが勝つか、本当にわからない」と語るとおり、今年の大会は過去最高レベルかつ、過去に例を見ない熾烈な争いとなるだろう。

 そんななか、最も注目を集めるのは、やはり北京五輪で銀メダルを獲得したロコ・ソラーレだ。

 技術面、戦術面で世界レベルを誇り、ホームリンクというアドバンテージもある。長いシーズンを過ごしてきた勤続疲労だけが気がかりだが、大きな不安は見当たらない。

北京五輪で銀メダルを獲得したロコ・ソラーレ北京五輪で銀メダルを獲得したロコ・ソラーレ この記事に関連する写真を見る