2022.03.19

二階堂瑠美が語る妹・亜樹との関係。「アイドル的に扱われ、二階堂姉妹の商品価値を落とさないように意識していた」

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(7)
二階堂瑠美@後編

◆二階堂瑠美さんの厳選フォトギャラリー【全14点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 Mリーグ2021シーズンから新たに加入した5選手たちにとって、初めてのレギュラーシーズンが幕を降ろした。

 EX風林火山に所属する二階堂瑠美(日本プロ麻雀連盟)は、妹の二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)との共闘がMリーグで実現。チームはセミファイナル進出を手にしたものの、自身はMリーグでの戦いにアジャストするのに苦労した5カ月半でもあった。セミファイナル、そして2連覇を目指すチームの一員として、彼女が誓う巻き返しの秘訣とは......。

◆二階堂瑠美@前編はこちら>>「高校中退、雀荘バイト、毎日13時間の麻雀漬け」

   ※   ※   ※   ※   ※

二階堂瑠美(にかいどう・るみ)1980年9月27日生まれの41歳二階堂瑠美(にかいどう・るみ)1980年9月27日生まれの41歳 この記事に関連する写真を見る ---- 二階堂瑠美選手の感じている、Mリーグならでは難しさについて教えてください。

「自分が打っていて楽しいと思う麻雀じゃないと、見る人に楽しさは伝わらない気がしているんです。だから、まずは自分が楽しむ。でも、Mリーグではそれをするのが難しいんですよね」

---- それはスポンサーやサポーターがいて、チームを代表して打っているからですよね。

「そうですね。自分のワガママをどこまで貫き通していいか、そのバランスの取り方をまだ掴みかねています。前半戦はチームポイント的に無理してでも順位を上げる必要はないと判断して、勝負をオリることも多くて。

 だけど、後半戦は個人ポイントを上げるように言われていたので、Mリーグ以外での自分なら勝負をオリるような時でも、オリるのをためらったり、なんだったら配牌オリしたい手でもドラ・ドラがあるからテンパイまで持っていかないと考えちゃったりして。そういう心理的な部分が影響したかなと思いますね」

---- 周囲の期待に沿えるようにと、意識しすぎたということでしょうか?

「そこは関係している気がしますね。もともと責任を背負う状態はあまり好きじゃないので。だから、『期待していないよ』って言われると気がラクなんです(笑)」