2022.03.19

御嶽海は白鵬以来となる新大関での優勝を果たせるか。錣山親方が占う激戦の春場所

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

元寺尾・錣山親方の『鉄人』解説
~2022年春場所編

元関脇・寺尾こと錣山(しころやま)親方が、本場所の見どころや話題の力士について分析する隔月連載。今回は、3月13日から始まった春場所(3月場所)の展望、躍進が期待される力士について語ってもらった――。

 大阪で開催される大相撲春場所が3月13日から始まりました。新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、2020年は無観客で、昨年も東京・両国国技館で行なわれたため、大阪でお客さまを入れての本場所は3年ぶりとなります。

「浪速に春を告げる」とも言われる春場所。関西のファンの方たちは本場所開催を心待ちにしていただいていたようで、初日からたくさんのお客さまが足を運んでくださり、館内は大いに賑わっています。

 そうしたファンの期待に応えて、力士たちも奮闘。土俵上では連日、熱い戦いが繰り広げられています。

 今場所一番の注目力士は、やはり初場所(1月場所)で3度目の優勝を飾って悲願の大関昇進を果たした御嶽海でしょう。

先場所で3度目の優勝を飾って大関昇進を決めた御嶽海先場所で3度目の優勝を飾って大関昇進を決めた御嶽海 この記事に関連する写真を見る  御嶽海は東洋大時代、大きなタイトル(全日本学生相撲選手権、全日本相撲選手権)を獲って角界入り。2015年春場所、幕下10枚目格付け出しでデビューしました。

 それからわずか3年後、2018年名古屋場所(7月場所)には関脇で初優勝を飾って、たちまち「次期・大関候補」と呼ばれるようになりました。実際、その翌年の秋場所(9月場所)で2度目の優勝を遂げ、私もこの連載コラムでほぼ毎場所、御嶽海のことは注目力士、優勝候補として名前を挙げてきました。