2022.03.19

二階堂瑠美はわずか1年でプロ雀士に合格。高校中退、雀荘バイト、毎日13時間の麻雀漬け

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(7)
二階堂瑠美@前編

◆二階堂瑠美さんの厳選フォトギャラリー【全14点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 2連覇を狙うEX風林火山でレギュラーシーズンの稼ぎ頭となったのは、今季から加入した松ヶ瀬隆弥(RMU)だった。エースの勝又健志(日本プロ麻雀連盟)に並ぶチーム最多タイの勝利数で、セミファイナル進出の原動力となった。

 同じく今季話題となったのは、二階堂亜樹(日本プロ麻雀連盟)の姉・二階堂瑠美(日本プロ麻雀連盟)のEX風林火山への加入だ。Mリーグ創設4年目にして実現した姉妹ふたりの共闘。21世紀の女流麻雀を牽引してきた二階堂姉妹の姉に、麻雀との出会い、Mリーグの魅力などを聞いた。

   ※   ※   ※   ※   ※

二階堂瑠美(にかいどう・るみ)1980年9月27日生まれの41歳二階堂瑠美(にかいどう・るみ)1980年9月27日生まれの41歳 この記事に関連する写真を見る ---- EX風林火山の選手は『風』『林』『火』『山』の一字が記された4種類のリストバンドをつけますが、二階堂瑠美選手は何をつけることが多いのですか?

「その日の気持ちで変わりますけど、『山』が多いですかね」

---- なぜ山を?

「占い師・星ひとみさんの天星術で、私の属性は山脈なんですよ。あと、山がパワースポットみたいなこともよく言われるので。厳密に言えば星ひとみ先生の占いでは大陸なんですけど、山でもいいかなと思って。別にトップを獲れるわけじゃないですけど(笑)」

---- 勝負事にゲン担ぎもするのですか?

「基本はしないですね。寝る時間も起きる時間も通る道も、まったく同じことはできないので。でも、よく質問されるので『焼き肉を食べる』くらいに答えています(笑)」

---- まずは瑠美選手がプロ雀士になった経緯から教えてください。子どもの頃は実家が雀荘を営んでいたので、妹の亜樹選手は4〜5歳で麻雀を覚えて好きになったと聞いています。瑠美選手はいつ頃から麻雀を打つようになったんですか?

「17歳、18歳くらいです。子どもの頃からなんとなく知ってはいたんですけど、あまり興味はなくて。囲碁、将棋、花札よりは知っている程度、でしたね」