2022.03.18

二階堂亜樹が描くMリーグの未来像。「チームが増えてJリーグのように1部・2部で入れ替え戦がしたい」

  • 津金壱郎●取材・文 text by Tsugane Ichiro
  • 佐野美樹●撮影 photo by Sano Miki

Mリーグ女流雀士インタビュー(6)
二階堂亜樹@後編

◆二階堂亜樹さんの厳選フォトギャラリー【全15点】はこちら>>
◆Mリーグ女流雀士インタビュー(1)「岡田紗佳」から読む>>

 Mリーグには総勢32名のプロ雀士が所属しているが、そのうち女流雀士は12名いる。これほど多くの女流雀士が参戦できる背景のひとつは、二階堂亜樹(EX風林火山/日本プロ麻雀連盟)の存在があったからこそ、と言っても過言ではないだろう。

 1999年に最年少女流プロ雀士としてデビューし、翌年プロとなる姉・二階堂瑠美(EX風林火山/日本プロ麻雀連盟)との"二階堂姉妹"が、男社会の麻雀界に風穴を空けたのみならず、世間の目も麻雀界に向けさせ、彼女らを追うように女流プロも増えた。女流雀士のトップランナーとして走り続ける二階堂亜樹の描くMリーグの未来像とは......。

◆二階堂亜樹@前編はこちら>>「手痛い失恋をしても、麻雀を打っている時は忘れられる」

   ※   ※   ※   ※   ※

二階堂亜樹(にかいどう・あき)1981年11月15日生まれの40歳二階堂亜樹(にかいどう・あき)1981年11月15日生まれの40歳 この記事に関連する写真を見る ---- それまでにも浦田和子プロや渡辺洋香プロなどはいましたが、麻雀業界に劇的な変化をもたらしたのは「二階堂姉妹の登場」でした。一般メディアでも数多く取り上げられたことが、現在の女流雀士の拡大につながっていると思います。

「麻雀プロの割合で言えば、今でこそ男性と女性の比率は4対1くらいになっていると思うんですが、私たちがプロ雀士になった頃は10対1くらいでしたからね。でも、そう言っていただけるのはありがたいなと思うんですが、私たちは『引っ張るぞ』や『引っ張ってきた』という意識はなくて、ガムシャラに走ってきただけなので(笑)」

---- この20年強のなかで、男女割合が変わったことでの変化はありましたか?

「うーん、どうなんだろう。ただ思うのは、本来なら麻雀という競技において男女差はないはずなのに、男女で分かれていることには多少、違和感はありますよね」

---- インタビュー前編で聞いた、故・安藤プロの「普通だと思っていることを疑え」という発想にも通じる視点ですね。