2022.02.28

祝・銀メダル。ロコ・ソラーレの吉田夕梨花が語った自らのカーリング人生「自分が楽しめるかどうか」

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

ロコ・ソラーレ
吉田夕梨花インタビュー(前編)

北京五輪で史上初の決勝進出を果たし、銀メダルを獲得したカーリング女子日本代表のロコ・ソラーレ。そのメンバーである吉田夕梨花、鈴木夕湖、吉田知那美、藤澤五月の4選手が以前、自らのカーリング人生、五輪という舞台について語ってくれた。

メダル獲得を記念して今回、そのインタビュー(取材は2020年7月。掲載は2021年1月~2月)を改めて紹介したい。まずはリードの吉田夕梨花。自らのカーリング人生について語っている――。

この記事に関連する写真を見る

――まずは昔の話から聞かせてください。幼少期の頃に「将来、何になりたい」と思っていましたか。

「保育所の時は『お母さん』だったかな。うちの母は自分のことより、他人のことに一生懸命になれる、可愛らしく素敵な人なんですよ」

――ご家族の影響で5歳の時にカーリングを始めたと伺っています。当時の記憶などはありますか。

「あまり覚えていないんですよね。でも、いつも楽しかった記憶だけは残っています」

――それは、石を投げることが、でしょうか。

「う~ん、アイスの上もそうですけど、(鈴木)夕湖さんがいたからかもしれない。夕湖さんとは、かまくらを作ったり、布の袋を持っていって土手で滑ったり......、小さい頃からずっと一緒に遊んでもらっていて、その延長線上にカーリングがあったのかもしれません」

――カーリングを競技として、戦術的にも、技術的にも本格的に考えるようになったのは、いつ頃からでしょうか。

「どうなんだろう......。ジュニア時代は意識していなかったと思います。ロコ・ソラーレに入って以降ですね」