2022.02.28

北京五輪で最高の輝きを放ったカーリング女子日本代表の吉田夕梨花。彼女が見据えてきた高み

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

ロコ・ソラーレ
吉田夕梨花インタビュー(後編)

カーリング女子日本代表のロコ・ソラーレが北京五輪で銀メダルを獲得。その快挙を記念して、かつてのインタビュー(取材は2020年7月。掲載は2021年1月~2月)を改めて紹介している。ここでは吉田夕梨花が、自らが理想とするリード像を語っている――。

この記事に関連する写真を見る ――チームメイトの鈴木夕湖選手のインタビューでは、吉田夕梨花選手についての話も聞かせていただきました。

「そうなんですね。確かに夕湖さんとは、ふたりでいる時にはいろいろな話をします。昨年の夏も"ガトキン"で......」

――"ガトキン"とは何でしょうか。

「えっ、ガトキン、知らないんですか? 札幌にある『シャトレーゼ ガトーキングダム サッポロ』というリゾートホテルです。温泉やプールだけの日帰り利用もできるので、夏合宿の合間にリラックスするためにちょっと行ったんですよ。軽くウォータースライダーを楽しんだあと、プールで浮かびながら1時間くらい、夕湖さんとゆっくり話ができたのはよかったです」 

――その鈴木選手から「夕梨花は社長夫人になってほしい」といった話を伺いました。

「大森(達也トレーナー)先生と話をしていることですよね? あのふたり、それ、ずっと言っています。"社長夫人"というイメージがざっくりしすぎて、よくわからないんですよね(笑)」