2022.02.22

藤澤五月の世界一のショット率もお膳立て。日本中のトップ選手たちが「メダル獲得の立役者」吉田夕梨花を絶賛

  • 竹田聡一郎●文 text by Takeda Soichiro
  • photo by JMPA

 北京五輪女子カーリングは日本代表のロコ・ソラーレが、前回の平昌五輪銅メダルを上回る銀メダルを獲得した。今回はチームのホームタウンである北海道北見市で応援していたという代表理事の本橋麻里はその快挙についてこう評した。

「選手一人ひとりが強さと弱さに向き合ってきたこの4年間でしたが、成熟度が増して世界で戦えるチームになった」

 また、日本でしのぎを削る現役のトップ選手たちもロコ・ソラーレの奮闘にメディアの取材や自らのSNSなどを通じて声援を送り、そのパフォーマンスについてリスペクトの念を示した。

 そのなかで最も称賛を集めたのが、リードの吉田夕梨花だ。

驚異的なショット成功率で日本のメダル獲得に貢献した吉田夕梨花驚異的なショット成功率で日本のメダル獲得に貢献した吉田夕梨花 この記事に関連する写真を見る  出場全10カ国のリードでショット率はダントツの91%。決勝トーナメントでも、準決勝で99%、敗れた決勝戦でも97%という圧巻のハイアベレージをマークした。

 スキップの藤澤五月もフォースを務めた10選手のなかでトップのショット率80%という数字を記録したが、実はそれを支えていたのも「吉田夕梨花選手だ」という声も大きい。平昌五輪でSC軽井沢クラブのリードとして全9試合を戦った両角公佑もそれに同意して、こう語る。

「吉田夕梨花選手は今大会好調で、特にプレーオフ以降はほぼノーミスだったと言っていいと思います。リードの仕事自体を完璧にこなすだけでなく、スキップのラストロックのためのサポートという役割での貢献度もすばらしいものがありました」