2021.12.11

将来の横綱候補がズラリ。アマチュア横綱OB・御嶽海が見た全日本相撲選手権

  • 武田葉月●取材・文 text&photo by Takeda Hazuki

「アマチュア横綱」を決める第70回全日本相撲選手権が12月5日に行なわれた。ここで結果を残し、のちに大相撲界で羽ばたいていく力士は数多くいるが、今年も将来の角界の横綱候補と目される逸材たちが土俵上を賑わした。

 そして今回、その奮闘をじっと見つめていた現役力士がいた。先の九州場所(11月場所)で11勝を挙げた関脇・御嶽海である。彼もまた、東洋大4年生の時(2014年)にこの大会を制してアマチュア横綱に輝いている。そんな彼に、今大会で目についた力士について、独自の視点で語ってもらった――。

今年の全日本相撲選手権について解説してくれた関脇・御嶽海今年の全日本相撲選手権について解説してくれた関脇・御嶽海 この記事に関連する写真を見る  アマチュア相撲のOBとしてこの大会を観戦するというのは、感慨深いというか、何か特別な思いが沸いてきますね。

 全日本相撲選手権は、アマチュア相撲の選手たちにとって憧れの舞台。誰もがこの大会に優勝して、天皇杯を抱きたいという夢を持っています。また、優勝すれば、角界入りして幕下15枚目格付け出しでデビューできるという特典もついてきます。将来、大相撲界に進もうと思っている選手にとっては、是が非でもほしいタイトルと言えます。

 大学4年生の時に臨んだ全日本選手権では、僕も震えました。自らへの期待や重圧など、いろいろなものを背負っていたからだと思います。今日はその時の緊張感が蘇ってきていて、土俵上の選手たちの気持ちがひしひしと伝わってきました。

 コロナ禍にあって、大会方式がこれまでとは変わっていましたね。以前は、予選で1選手が3回相撲をとって、だいたい2勝すると(16名による)決勝トーナメントに進めるシステムでした。それが今回は、予選から一発勝負のトーナメント戦。そこを勝ち上がると、16名による決勝トーナメントへ駒を進めることに。