2021.01.04

ロコ・ソラーレ本橋麻里が振り返る10年。結婚、出産、メダル獲得、そして今

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

ロコ・ソラーレ
代表理事・本橋麻里インタビュー(前編)

2010年夏、本橋麻里がロコ・ソラーレを結成して10年が経った。その間、チームは平昌五輪でメダルを獲得するなど、輝かしい実績を残してきた。だが、自称「カーリングの変態」という彼女の挑戦に終わりはない。今後の、さらなる"野望"について、話を聞いた――。

――2020年夏、ロコ・ソラーレ結成10年となりました。おめでとうございます。

「ありがとうございます。アニバーサリーということで、いくつかのメディアでチーム結成当時の映像や写真を紹介してくれたのですが、若き日の自分の姿を見ると、ひたすら恥ずかしいですね」

――あらためて10年間を振り返って、率直な感想を聞かせてください。

「そうですね、チーム発足からずっと目の前のシーズンをどう過ごすか、夢中で走り続けてきました。だから、正直(これまでのことを)振り返る余裕なんてなかったのですが、今あらためて思い返してみると、失敗して、周囲に迷惑をかけて、反省した10年、であると同時に、『チャレンジしてよかったな』とも感じています」

――チーム発足当時、24歳だった本橋さん。以後、アイス内外での変化がいろいろとあったと思います。

「私個人で言えば、結婚して、妊娠・出産を経験。その間、チームにはちな(吉田知那美)やさっちゃん(藤澤五月)が入ってくれて、という動きのあった10年でした。チーム発足時に誓った『個を大切にしながら、それぞれの人生を大切に過ごす』ということを、意識した時間でもあったかもしれません」