2021.01.04

本橋麻里がメンバーの前で涙。「真剣に悩んでいる様子を見てたから」

  • 竹田聡一郎●取材・構成 text by Takeda Soichiro
  • 藤巻 剛●撮影 photo by Fujimaki Goh

ロコ・ソラーレ
代表理事・本橋麻里インタビュー(後編)

ロコ・ソラーレが2018年平昌五倫で銅メダルを獲得し、日本中が熱狂した。しかし、その裏でチームはさまざまな苦悩にも直面していた。本橋麻里がその当時を振り返りつつ、カーリング界の未来について語る――。

――本橋さんもロコ・ステラの一員として出場を目指す、第38回全農日本カーリング選手権(2021年2月/稚内)ですが、当初は首都圏(新横浜スケートセンター)で初めて開催される予定でした。しかしながら、新型コロナウイルスの感染拡大の影響によって、開催会場を変更。稚内で行なわれることになりました。

「非常に残念ですが、こればかりは誰も悪くないので仕方ないですね」

――本橋さんは2019年からJCA(日本カーリング協会)のマーケティング委員としても活動。その立場からしても、残念なことかと思います。

「マーケティング委員としては、日々勉強させてもらいながら、選手としての経験を踏まえて、いろいろな意見を出させてもらう機会をいただいています。そして、(カーリングの)マーケティング的には、首都圏での日本選手権開催は非常に重要でした。まずは立地的な部分で、新横浜は東京からも、羽田空港からも、西日本からもアクセスしやすいですから、極端な話、日帰りでも観戦可能なロケーションです。キャパシティも十分ですし、カナダ選手権や世界選手権のように、興行としてのカーリングを成立させる第一歩として、内外からの期待がかかっていました」