2020.03.04

本命『藤澤 山口』敗れる。
カーリングミックスダブルスは新星が躍動

  • 竹田聡一郎●取材・文 text&photo by Takeda Soichiro

 第13回全農日本ミックスダブルスカーリング選手権(2月25日~3月1日)が、北海道札幌市のどうぎんカーリングスタジアムで行なわれた。

 新型コロナウイルスの影響により、無観客での開催が決定。会場内は、例年とは違う雰囲気に包まれていたが、大会3連覇を狙う『藤澤 山口』の藤澤五月(ロコ・ソラーレ)が開幕前に、「私たちが元気にプレーすることが大事だと思います」と抱負を語ると、そのとおり、参加チームが日々高いパフォーマンスを見せて、ハイレベルな熱戦がファイナルまで繰り広げられた。

 その決勝で対戦したのは、優勝候補筆頭の藤澤と山口剛史(SC軽井沢クラブ)がペアを組む『藤澤 山口』と、今季からペアを組んだ松村千秋(中部電力)と谷田康真(コンサドーレ札幌)の『松村・谷田』だった。

 ともに全勝で決勝まで駒を進めてきたが、その過程がとりわけ際立っていたのが、『松村・谷田』だ。

 予選ブロックで、吉田夕梨花(ロコ・ソラーレ)&松村雄太(コンサドーレ札幌)ペアの『吉田・松村』を下すと、決勝トーナメントに進んでからも、準々決勝で前回大会準優勝の鈴木夕湖(ロコ・ソラーレ)&平田洸介(KiT CURLING CLUB)ペアの『鈴木・平田』を撃破。続く準決勝でも、吉田知那美(ロコ・ソラーレ)と清水徹郎(コンサドーレ札幌)の『吉田 清水』を退けて、4人制でも実績豊富な、強化委員会推薦のトップペアを次々に倒してきたのだ。