2016.06.30

【月刊・白鵬】長男初の武者修行に、横綱が「親バカ」になる

  • 武田葉月●構成 text&photo by Takeda Hazuki

第62回:長男・眞羽人

長男の眞羽人くん(左)と一緒に四股を踏む白鵬6月中旬、横綱が所属する宮城野部屋が
恒例の滋賀県「長浜合宿」を実施。
今年は横綱の長男・眞羽人くんも参加した。
その合宿の模様を横綱が語る――。

 7月10日に初日を迎える、大相撲名古屋場所(7月場所)の番付が発表されました。

 先の夏場所(5月場所)で、37回目の優勝を遂げることができた私は東の正横綱。今場所は、通算勝利数1000勝(現在、通算987勝)という目標に向かって前進あるのみです。

 他に、綱取りこそならなかったものの、13勝を挙げた大関の稀勢の里が東の大関の座にどっしりと構え、横綱土俵入りの際に太刀持ちを務めてくれている魁聖が、怪力力士の栃ノ心とともに新関脇の座を射止めました。

 魁聖は、同じ友綱部屋の大島親方(元関脇・旭天鵬)の指導のもと、コツコツと稽古に励んできた成果でしょう。片や、ケガのために一時は番付を大きく下げていた栃ノ心も、自らの復活を信じて地道に鍛錬を重ねてきた結果。このふたりの晴れ姿を見られると思うと、胸に熱いものがこみ上げてきます。

 小結は、東が琴勇輝、西が高安。そして、先場所で敢闘賞を受賞した御嶽海が、前頭八枚目から一気に東の前頭筆頭にジャンプアップしてきました。こうした若手力士たちが、名古屋場所を大いに活気づけてくれることでしょう。