2016.07.01

田臥率いるバスケ日本代表の五輪出場なるか。7月主要スポーツカレンダー

  • photo by AFLO SPORT

【2016年7月スポーツカレンダー】

2日
【自転車】第103回ツール・ド・フランス(~24日)
【サッカー】Jリーグ 2ndステージ開幕戦
3日
【F1】第9戦オーストラリアGP決勝
4日
【バスケットボール】FIBA男子オリンピック世界最終予選(~10日)
5日
【バスケットボール】女子日本代表国際強化試合2016 vsセネガル代表(8、9日)
7日
【ゴルフ】全米女子オープン(~10日)
【ゴルフ】日本プロ選手権日清カップヌードル杯(~10日)
10日
【大相撲】名古屋場所(~24日)
【サッカー】EURO2016決勝
【F1】第10戦 イギリスGP決勝
13日
【MLB】オールスター2016
14日
【ゴルフ】全英オープン(~17日)
15日
【プロ野球】オールスター第1戦(福岡ヤフオクドーム)
16日
【プロ野球】オールスター第2戦(横浜スタジアム)
21日
【サッカー】なでしこジャパン国際親善試合 vsスウェーデン女子代表(スウェーデン/カルマル)
22日
【F1】第11戦 ハンガリーGP決勝
28日
【ゴルフ】全英女子オープン(~31日)
【ゴルフ】全米プロ選手権(~31日)
30日
【バイク】鈴鹿8時間耐久レース
31日
【サッカー】U-23 国際親善試合 vsU-23 ブラジル代表(ブラジル/ゴイアニア)
【F1】第12戦 ドイツGP決勝
※日本時間

日本代表を牽引するチーム最年長の田臥勇太 来月に迫ったリオ五輪に向けて次々と代表が決定していくなか、男子バスケットボールの出場権をかけた最終予選が行なわれる。9月に新しく始まる新リーグであるbリーグを盛りあげるうえでも、ここで40年ぶりの出場を決めてほしいところ。

 現在世界ランキング48位の日本は、セルビア(6位)、アンゴラ(15位)、プエルトリコ(16位)、ラトビア(35位)、チェコ(42位)と同じグループとなった。このグループリーグで優勝した国のみがリオ五輪への切符を手にできる。ランキング上ではすべて格上の国々との対戦で、厳しい戦いになるのは間違いないが、田臥勇太を中心にベテランと若手の力を合わせて、奇跡を起こしてほしい。

 一方、12年ぶりの五輪出場をすでに決めている女子バスケットボール代表も、国内で最後となる親善試合を、セネガル代表を呼んで7月5日、8日、9日と3試合行なう。5月のオーストラリアとの親善試合では、3戦全敗したものの、1戦ごとに確実にチーム力を上げて、最後の試合では接戦まで持ち込んだ。そこから海外遠征や強化合宿を経て、リオに向けて勢いをつけるうえでも、ここでしっかり結果を残しておきたい。

1

関連記事