2022.02.19

坂本花織、大舞台の裏側は「正直、だいぶ疲れがきていた」。それでもノーミスで銅メダル「涙が止まらなかった」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登 直/JMPA●撮影 photo by Noto Sunao/JMPA

フリー後、銅メダル獲得が決まり涙を流す坂本花織フリー後、銅メダル獲得が決まり涙を流す坂本花織 この記事に関連する写真を見る

【運を引き寄せる努力】

 指導する中野園子コーチに好結果の要因を「運だと思います」と断言させた、坂本花織。

 中野コーチは「あの子はずっと運を持っているから、きょう(演技当日)も『神様を味方につけたら点数も出るし、いい演技ができる。ウォーミングアップから神様を味方につけるようなアップをしよう』と(坂本に)言いました。その運を引き寄せているのは努力だと思います。アップに行く時も一番先にと人よりも早く出るし、常に一番努力をしていると思う」と続けた。

 そんな運を引き寄せる強さを見せつけたのが、2月17日の北京五輪フィギュアスケート女子フリーだった。

 2月15日のショートプログラム(SP)で自己最高の79.84点を獲得し3位発進となった坂本。フリーの滑走順では、ひとり前に、4種類5本の4回転ジャンプに挑んだアレクサンドラ・トゥルソワが滑り、坂本のあとには昨季の世界選手権優勝のアンナ・シェルバコワ。そして最終滑走には、今季驚異的な歴代世界最高得点をたたき出しているカミラ・ワリエワと、強力なROC(ロシア・オリンピック委員会)勢に囲まれたなかでの戦いだった。

 最終滑走だったSPで坂本は、ROC勢3強と戦うことに「怖さを感じた」と言った坂本だが、中野コーチに「いっぱい練習をしてきたのだから、自分を信じて頑張ろう」と送り出されたフリーではそれほど緊張しなかったという。

「ロシアの選手は本番に強いから、トゥルソワ選手も本番で(4回転5本を)やってくるというのはわかりきっていたことで、彼女の演技が終わった時の歓声がすごかったから、"あっ、やったんだな"と感じて。でも、おとといのSPよりも、団体の時よりも一番落ち着いていたと思うし、(昨年12月の)全日本選手権よりも落ち着いていたくらいで、いい緊張感のなかでできたなと思います」

 坂本は笑顔でそう言う。