2022.02.11

宇野昌磨が北京にいる短期間で見せた成長。勝ち獲った銅メダルは「前回の銀より思いが詰まっている」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直/JMPA●撮影 photo by Noto Sunao/JMPA

北京五輪、フリー『ボレロ』を演じる宇野昌磨北京五輪、フリー『ボレロ』を演じる宇野昌磨 この記事に関連する写真を見る

【大舞台で見せた生きざま】

 2月10日、北京五輪フィギュアスケート男子シングル。宇野昌磨(24歳、トヨタ自動車)は平昌五輪の銀メダルに続き、銅メダルを勝ち獲り、2大会連続のメダリストとなっている。今回は団体戦での銅メダル獲得にも、先鋒で貢献。日本人フィギュアスケーターとして、史上初の3個のメダルを手にした。

 4年前の平昌五輪後、宇野は無邪気に語っていた。

「どの試合とも変わらず、"オリンピックだから"という特別な意識はなかったです。ただ、シーズンのなかでも一番気持ちの高ぶりがあって。何が理由かはわからないですが」

 当時はまだ若く、純真さだけで、無心の境地に入れたのだろう。それは彼の才能だったが、さらなる高みが見えた時、心に変化が生まれた。変らずにはいられなかった。

「"宇野昌磨の生き方はこうなんだ!"っていう姿を見せたい」

 2018年12月の全日本選手権、宇野はその志を口にしていた。

 以来、スケートを極めるため、あえて信頼するコーチたちと袂(たもと)を分かち、苦しみながらも新たなコーチと出会い、プログラム難易度を高め、ケガにもくじけず手を尽くし、次々に冒険的選択をしてきた。心を砕かれるような苦難の局面もあったし、祝祭のような歓喜の瞬間もあった。しかし、自身は一貫して「成長」という言葉を繰り返し、「逃げない、攻める」と邁進してきた。

 北京で、彼はその生きざまを見せたと言える。