2022.02.11

羽生結弦「自分のスケートを絶対に出しきる」。右足首に痛みも北京五輪で新しい世界を見せた

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直/JMPA●撮影 photo by Noto Sunao/JMPA

北京五輪、フリー演技に臨む羽生結弦北京五輪、フリー演技に臨む羽生結弦 この記事に関連する写真を見る

【「僕なりの4回転半はできた」】

 2月10日、北京五輪フィギュアスケート男子フリー。羽生結弦が冒頭に跳んだ4回転アクセルは、これまで見ていたものより回転は鋭く気合いも入ったジャンプだった。2分の1から4分の1までの回転不足のアンダーローテーションと判定されたが、片足で着氷してあとほんのちょっとで回転不足4分の1以内の「q」マークのジャンプになるところだった。

 2月8日のショートプログラム(SP)では、最初の4回転サルコウで他の選手がつけた穴にハマって1回転になってしまって8位発進。4回転サルコウは、練習でも余裕をもって完璧に跳んでいて、羽生自身も「フォームもタイミングも完璧だった」と言う。

 それでもSP後、体力は十分に残っていて、コンディションもしっかり整えた状態で次に臨めると、フリーへ向けて自信を持っていた。

 だが、2月9日の公式練習の曲かけで4回転アクセルを両足着氷したあと、氷上で何度か回転を確かめてからしっかり軸を作って臨んだ4回転アクセル。3回パンクしたあとの1本は、それまで以上によく回りながら両足で着氷した。だが、そのあとに右足首を気にする素振りを見せていた。

 そして、フリー当日の早朝の公式練習でも痛みがある様子が見えた。自分の曲かけ練習の順番を待たず、20分弱でリンクをあとにしていたのだ。フリー後に右足首の状態を質問されると、羽生はこう答えた。

「正直、詳しく話すかどうかはすごく悩んでいます。勝ったなら言ってもいいかなと思っていたけど......。どう言ったらいいのかわからないですけど、かなりいろいろ手を加えていただきました。だからこそ、何とか氷の上に立てたという感じです」