2022.02.09

記者が現地で感じている羽生結弦の調子のよさ。フリーでの巻き返しへ「演技に関しては自信がある」

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直/JMPA●撮影 photo by Noto Sunao/JMPA

SPでは冒頭のミスがあり8位だった羽生結弦SPでは冒頭のミスがあり8位だった羽生結弦 この記事に関連する写真を見る

【意外すぎるほど意外なミス】

 2月8日、北京五輪フィギュアスケート男子シングルのショートプログラム(SP)。五輪3連覇を期待されていた羽生結弦の演技は、ハプニングとも呼べるミスから始まった。

 直前の6分間練習では、力みのない回転できれいに2本決め、最後はジャンプに入っていくコースの確認もしていた冒頭の4回転サルコウ。静かに滑り出しつなぎのステップからイーグルを入れるいつもの滑りだったが、踏みきる瞬間に氷をとらえられず1回転にとどまってしまった。

「2019年の世界選手権のショートで氷の穴にハマってミスをした時は、6分間練習の時からあまりにも、それこそミリ単位でコントロールできすぎていたので、本番でもその時(練習時)に跳んだ自分のトレースにハマってしまったんです。今回はその経験もあったので、6分間練習ではコースを少しずらして跳んでいました。それで本番は、完璧なフォームで、完璧なタイミングでいったら、何か跳んだ瞬間に穴に入っていて。誰かのトーを突いた時の穴だったんです。だからもうしょうがないですね」

 前日午後には、サブリンクで初練習をした羽生だが、SP本番のこの日は早朝7時50分からのメインリンクで練習。その練習でも6分間練習でも、「淡々と」という言葉が似合う落ち着いた様子だった。

 朝は3回転ループと3回転フリップで体を慣らすと、前日の練習でも取り組んだ、ジャンプの入りから氷上でクルクルと回って回転の軸を確かめるような動作をした。そして、トリプルアクセルを跳んだあと、短い助走からの4回転アクセルにもチャレンジ。そのあと、曲かけの4回転サルコウは、まるで3回転を跳んだかのように力みもなく楽々と跳ぶジャンプだった。4回転トーループ+3回転トーループも、最後のトリプルアクセルもまったく不安のない出来だった。

 そんな練習姿を見ていたからこそ、最初のミスは意外すぎるほど意外だった。羽生は「自分の感覚のなかでミスではないので、『何かあったな』という感覚だった」と話し、そのあとの演技ではミスを引きずることはなかった。