2022.02.08

坂本花織「このメダルに恥じないように」。団体戦初の銅獲得、個人戦でロシア勢に挑む

  • 折山淑美●取材・文 text by Oriyama Toshimi
  • 能登直/JMPA●撮影 photo by Noto Sunao/JMPA

2月7日、団体戦女子フリーの坂本花織。華麗な演技を見せた2月7日、団体戦女子フリーの坂本花織。華麗な演技を見せた この記事に関連する写真を見る

【「あなたで決まる」プレッシャー】

 坂本花織は4年前の平昌五輪団体戦でフリーを滑った時、最初のジャンプで失敗してから残りの3分半は頭のなかがパニックになり、何をしているかわからないままに終わったという。日本チームに貢献できず悔しかったと語った坂本は、今回の北京五輪団体戦もフリーに出場した。

 本番2日前の取材で坂本は笑いながらこう話していた。

「団体出場が決まって『フリーをお願いします』と言われた時に、フリーか、前回と一緒やと思って......。それでスケジュールを調べたら最終種目だったのでえーっとなったら、中野園子先生が『あなたで決まるので』と言うから、死んじゃう! と思いました。世界国別対抗戦でも女子が最後というのを経験しているから、それを生かして。メダル、メダルと考えすぎてしまうとどこかですっこぬけてしまうので、演技に集中しようと思っています」

 平昌五輪と違い、メダル獲得の可能性も高かった今大会。坂本が心配したのは、競り合った状況で自分の出番を迎えることだった。だが、それは避けられた。2日目の樋口新葉の女子SPと、鍵山優真の男子フリーのそれぞれ2位と1位の滑りで、合計ポイントで4位のカナダを大きく引き離し、メダル獲得にぐっと接近した状況だった。