2022.02.07

羽生結弦「ここでも成長できるようにしていけばいい」。北京五輪で4回転アクセル成功へ好感触

  • 折山淑美●文 text by Oriyama Toshimi
  • photo by Kyodo News

2月7日、北京で初めて練習した羽生結弦2月7日、北京で初めて練習した羽生結弦 この記事に関連する写真を見る

【初練習に報道陣が熱視線】

 北京五輪、フィギュアスケート団体戦は宇野昌磨と鍵山優真にたくす形になった、羽生結弦。2月8日から始まる個人戦の男子シングルを控え、羽生は6日に北京入りすると、7日の午後、サブリンクに初めて姿を現わした。

 競技会場である首都体育館の隣にあるサブリンクは観客席もなく狭いため、密を避けるためにメディアの入場制限をしている。それでも100人ほどの報道陣が熱い視線を送るなか、羽生は余裕ある時間の使い方でジャンプの練習を始めた。合間にアクセルの入りから氷上でくるくると回ってから2回転ループや3回転ループを跳ぶパターンの練習を入れ、3回転フリップ、3回転ルッツ+オイラー+3回転サルコウ、4回転トーループ、4回転サルコウと、軽々と跳んでいく。

 練習開始から15分ほど経った時、短い助走で急に4回転アクセルにチャレンジし、両足着氷した。ジャンプ前のスピードも遅く、「まさかここで?」と驚かされた。

 それから6分間ほどで、2回のパンクや途中で体を開いたジャンプも含めて4回転アクセルに5回挑戦。さらに、最後の順番になった曲かけ練習では、フリー『天と地と』を選び、最初4回転アクセルは転倒。そのあとの4回転サルコウは尻もちをつく直前で耐えきると、トリプルアクセル+2回転トーループから3回転フリップにつながる流れを確認。そして、後半も4回転トーループからの連続ジャンプと、3連続ジャンプを決め、最後はトリプルアクセルで締めた。

 その時点で練習時間は残り5分強となったが、4回転アクセルへの入りをさらに数回確認すると、ラスト1分になってからスピードを上げた助走で挑んで両足着氷で転倒。さらにもう一度跳んでパンクで終わると、練習時間終了のアナウンスが流れた。