2022.01.24

「僕でいいんですか?」から村元哉中&髙橋大輔が世界の表彰台を実現。ふたりの想いは「まだまだできる」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • photo by Getty Images

12月21日、四大陸選手権フリーダンスの村元哉中・髙橋大輔組12月21日、四大陸選手権フリーダンスの村元哉中・髙橋大輔組 この記事に関連する写真を見る

【髙橋大輔の「ふたつの性格」】

 髙橋大輔(35歳、関西大学KFSC)は、引っ張り合うふたつの性格を等しく持っている。

「僕でいいんですか?」

 アイスダンスのカップルを結成する時、村元哉中(28歳、関西大学KFSC)に対して抱いた気持ちだという。キャリアや実力を考えれば、謙遜を越えて自己評価が低い。自信満々ではない性分は、少年時代から同じだ。

 一方で髙橋はカップル結成を発表した日、こう言いきった。

「シングルでは現実的に(五輪の)メダルはないと思いましたけど、可能性では(アイスダンスは)少しのパーセントでもあるんじゃないか。課題だらけですが、大きな目標を目指してやっていきたい。そうやって一丸になったほうが、いいものを作れるはず」

 "作品"への志は高く、限界に挑む野心もみなぎっていた。あからさまなエゴや虚栄心ではない。さらなる可能性を求める向上心や好奇心と言うべきか。

 相反するふたつの性格は、彼を突き動かす両輪なのかもしれない。

 スケートが好きだからこそ、謙虚に練習で追い込める。その高いレベルにおいて、自分にもの足りなさを感じる。リンクでは「もっと」と貪欲で、その先にある風景を見たいと欲求を覚える。それは順位につながるが、順位だけを求めているのではない。無心にスケートを追求できる。

 一流の表現者、競技者だけのサイクルだ。

 アイスダンス転向2年目にして、髙橋は村元とISU(国際スケート連盟)シーズンベストスコアで日本選手最高点をたたき出し、シーズンランキングでも日本選手トップに立った。にもかかわらず、北京五輪出場を逃し、打ちひしがれる思いだったろう。しかし、五輪出場枠を巡る戦いを引きずらず、むしろ「次の世界選手権で日本の出場枠2枠を勝ち取る」と切り替えた。世界選手権10位以内(翌年大会で出場2枠が与えられる)は、日本選手では未踏だが(村元とクリス・リード組の11位が過去最高)、そこは先駆者の果敢さだ。

 発想の次元が違う。四大陸選手権でアイスダンス日本勢歴代最高となる銀メダルは、あるいは必然だったのかもしれない。