2021.11.15

河辺愛菜が急遽出場のGPで見せた大きな成長。「少しでもオリンピックにつながったらうれしい」

  • 小宮良之●文 text by Komiya Yoshiyuki
  • 能登 直●撮影 photo by Noto Sunao(a presto)

NHK杯で2位となり、自身初めてのGPシリーズ表彰台に立った河辺愛菜NHK杯で2位となり、自身初めてのGPシリーズ表彰台に立った河辺愛菜 この記事に関連する写真を見る  11月11日、グランプリ(GP)シリーズ第4戦、NHK杯前日練習後のリモート会見で、河辺愛菜(17歳、木下アカデミー)はその心境を口にしている。全日本女王である紀平梨花のケガで急遽、決まったGP出場。決して簡単な挑戦ではなかったはずだが......。

 河辺はトータル205.44点を記録し、2位という結果を残している。単なる代役以上の殊勲。巡ってきた運をものにするのも実力だ。

「シニアでの国際大会の経験が少ないなか、チャンスが回ってきただけでもありがたくて。大きな舞台で緊張もありましたが、落ち着いて演技できたのは自信になります。今回の結果が、少しでも(北京)オリンピックにつながったらうれしいです」

 河辺は控え目に野心を語っている。

 女子シングルは、北京五輪出場をかけた争いが熾烈さを増してきた。3人の枠は紀平、坂本花織が一歩リードも、三原舞依、宮原知子、樋口新葉、松生理乃が追走し、風雲急を告げる。年末の全日本選手権が天王山になるだろう。

 群雄割拠、17歳の少女が名乗りを上げた。